全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 選択式試験 傾...

選択式試験 傾向と対策

選択式試験は択一式試験と異なり、対策が非常に立てにくい試験です。
膨大な範囲の中で、出題される問題はごく限定された箇所です。
とうてい出題される問題を予測できるものではありません。

平成26年度は前年に比べ、大幅に易しい問題が出題されたようですが、個人的にはこの傾向を継続させてほしいと願っています。択一式試験で高得点をとりながら、選択式試験で涙を飲んだ方は、過去、大勢いらっしゃいます。しかし、選択式試験の出来不出来を選抜基準の中心に据えることが、合理的で妥当な方法であるとはとうてい思えません。

ここではそれはさておき、選択式試験で足きりにあわないために、何をすべきかを考えてみます。

①基本条文からの出題をとりこぼさない
②文脈から判断する問題形式に慣れておく

まず①ですが、選択式試験の問題は基本条文から多く出題されています。
ここは受験生の正答率も高いところであり、とりこぼしが絶対に許されない箇所です。
最も重要なところですが、ここは多くの受験生が使用している選択式問題集を丁寧につぶしてしまいましょう。定番は下記2つです。

●TAC ナンバーワン社労士 合格のツボ 選択対策
●資格の大原 一発合格!社労士選択式トレーニング問題集

他の受験生が解ける問題を自分も解けるようにしておくことが、最大の選択式対策です。数字を問う問題も3割~4割程度ありますので、最終的には、しっかりと各科目間の横断整理しておくべきです。また、まぎらわしい言葉は実際に書き出して、比較してみたり、音読することも、正確な知識を定着させるための効果的方法だと思います。

②は非常にやっかいです。見慣れない判例や通達、厚生労働白書等から出題され、暗記では対応できないタイプの問題です。参考図書は下記2つです。

●社労士V 選択式で合格を呼び込むテクニック(日本法令)
●岡根式 社労士試験はじめて講義 岡根一雄(TAC出版)

※基本条文を反復継続して学習することが、最大の選択式対策です。
 地道に一歩一歩前進していきましょう!
 

 

(2014年10月26日(日) 23:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・芦屋・住吉・大阪天満宮・海老江・御幣島・塚口・稲野・...

ブログ記事 ページ先頭へ