全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 いで社会保険労務士スクール スクールブログ 社労士試験を目...

社労士試験を目指す方へ

こんにちは!
早いもので、もう9月1日です。

今日は、初めて 「社労士を目指してみようかな・・・」 という方たちへお話してみようかと思います。

これまでのブログにも書いてきたのですが、社労士試験は年1回(例年、8月の第4日曜日)
に行われます。

試験の合格率は、おおよそ7~10%です。合格率についての私の自論は、以前のブログを参照していただくとして、問題はどのぐらい勉強すればよいかということです。

一般的に、社労士試験合格のためには1,000~1,200時間必要だと言われています。
ただし、総務、人事関係、金融関係で、労務管理や年金について実務をされた方であれば、そこまでかからないと思います。
ひょっとすると半分ぐらいの時間で済むかもしれません。

あくまでも全く知識がない方の勉強時間としての目安が1,000~1,200時間といわれています。なぜ、こんなに時間がかかるかというと、法律の勉強(といっても、憲法、民法などはしません。)をするからです。
その法律の持つ趣旨、制度を理解する必要があるからです。
あえて「理解」という言葉を使用したのは、「暗記」では試験対策できないからです。

この「理解」をしてもらうために、時間がかかるんですね。

さて、この膨大な勉強時間ですが、1日2時間勉強するとして、総勉強時間を1,200時間とした場合、あくまでも単純計算で、

1,200÷2=600日
600日÷30日(1月)=20月(1年8カ月) 必要ということになります。

こう考えると、2年近く勉強しないとだめじゃん!となりますが、実際、今から始めたとして、
来年8月の本試験までは、1年しかありません。

じゃあ、来年の受験は無理じゃん!となるかといえば、そうではありません。
また、2年も勉強するのはしんどいですよね。

そこで、私たちが皆さんに、勉強のコツ(試験対策)をコーチするわけです。

いかに理解を深め、そして試験対策をしていくか。

ぜひとも、コーチを受けてみてくださいね!

 

(2014年9月1日(月) 11:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手企業から社労士へ転身。実務経験豊富で、実務に紐づけた指導が得意

いで社会保険労務士スクール
井手慎二 (社会保険労務士)

梅田/大阪・尼崎(JR)・立花・西宮(JR)・芦屋・摂津本山・住吉・六甲道・灘・三ノ...

ブログ記事 ページ先頭へ