全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 運命も奇跡も直...

運命も奇跡も直感も信じる人にやってきます!

第46回(平成26年度)社会保険労務士試験が明日実施されます。
今まで学習してきた力を100%超発揮していただきたいと思います。

社会保険労務士試験は解答を選ぶ試験です。正答は必ず問題文の中にあります。
しかしながら、全ての問題を、確信をもって解答できる訳ではありません。
知識があやふやな項目が出題されたり、そもそも全く学習していない範囲から意表をついて出題されたりします。

こういったときにどのように問題に向き合うかが重要になります。
特に選択式試験は年によって難易度が大きく変わりますし、科目間の難易度も大きく異なります。5点満点で平均点が1点台の問題(ほとんどの受験生が解けない問題)が出題されたりします。
ここで大切なことは自分の直感を信じることです。
選択式はブランクに入れるべき番号が絞られますが、最後に2者択一となるケースがよくあります。一般的には言葉をブランクに入れてみて、文脈的に正しい方を選ぶべきとされていますが、どうしても判断がつかない個所もあります。
最終的には勘で答えることになりますが、その場合は第1感(直感)を信じたほうがうまくいくケースが多いと思います。特に知識があやふやな項目から出題された場合に、その傾向は顕著に表れます。

私の受験の際もこのことを痛感しました。
ひととおり問題を解き終えて、再度問題の見直しをした訳ですが、迷いに迷った挙句、3問解答を修正しました。しかしながら、すべて第1感(直感)が正しい結果となりました。これにより、試験合格発表の日まで、塗炭の苦しみを味わうことになります。

正確には覚えていなくても、過去に学習した内容であれば、なんとなく勘が働くことはよくあることです。自分を信じて、直感を大切にしてください。
運命も奇跡も直感も信じる人にやってきます!

 

(2014年8月23日(土) 8:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ