全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ アト42日 ラ...

アト42日 ラストスパート

社会保険労務士試験までアト42日となりました。大手受験予備校の模擬試験も終了し、最後の追い込みの時期に入ります。模擬試験の結果が思わしくなく、意気消沈されている方もいらっしゃるかと思いますが、最後まであきらめずに、ラストスパートをかけてください。
このラストスパートの時期の学習はとにかく暗記に徹してください。
社会保険労務士の試験は記憶の勝負ですから、この42日の過ごし方次第で、逆転は可能です。重要なことは下記3点です。

①学習環境を整える。
②やるべきことを絞り込む
③繰り返す

※①記憶するための時間をどう確保するか。朝早く起きる。移動時間を活用する。会社員
   の方であれば、試験日直前に休暇がとれるよう交渉をする。人によって置かれた環境
   が違いますので一概には言えませんが、学習時間を最大限確保できるよう、環境を整
   えてくだ さい。
※②模擬試験の復習を終えた後は、新しい問題(予想問題)を一切しないようにしてくださ
   い。過去問(10年分)の理解が不完全な方は、まずそこからです。予想問題はあくま
   で予想です。気にしているときりがありません。
※③一番重要なことです。特に過去問(10年分)は完璧に覚えてしまいましょう。
   意味がわからない論点は丸覚えしてください。いまさら調べて理解しようと思わないこと
   が重要です。覚えるためには、しつこく繰り返すことが必要です。

毎年、試験申込者の20%が受験を放棄します。合格の可能性が低いと判断し、勝手にあきらめているのだと思いますが、非常にもったいないことです。
もし、今年の試験が運悪く残念な結果に終わったとしても、試験合格への手ごたえを感じとれるレベル(合格可能ライン)まで自分をひきあげていただきたいと思います。
そこまでたどり着けば、あとは運しだいです。Never give up!

 

(2014年7月13日(日) 10:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ