全国5万人が受講している「サイタ」

尺八教室・講座

尺八教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室尺八教室東京 ふじた尺八教室 スクールブログ 憧れの「ロ」

憧れの「ロ」

「くち」ではありません(^^;)。

カタカナの「ろ」です。

「ロ」とは、尺八の指孔を全部塞いで出す、一番低い音のことです。
尺八は指使い一つ一つに名前がありまして、5つの孔全部を塞いだら「ロ」、一つあければ「ツ」、というように、カタカナの名称が付いています。

1尺8寸の「ロ」はハ長調の「レ」ですが、1尺6寸の「ロ」はハ長調の「ミ」です。
音の高さが違っても、指使いが同じなら、同じ名称です。


この「ロ」、きちんと響かせるのが意外と難しいのです。
それで、「ロ」を響かせることができる人がいると、すごいなあと思ったりします。

でも、じゃあ「ロ」さえ鳴ればいいのか、っていうことじゃないわけで、どの音もなるべく均質にきれいに鳴らせるのがよいわけです。

ただ、尺八吹きとして、なんか、憧れるんですよ、「ロ」の響きに。
へんな例えですが、ゴルフのドライバーをやたら飛ばす、飛ばし屋、みたいな。


昔、ぜんぜん「ロ」をきれいに出せなくて、必死に「ロ」ばっかり吹いたりしたこともありました。
ひどいときは、20~30分延々「ロ」だけ吹いて、納得いかなくてや~めた、なんてことも。

そんな、にわかに出来るものじゃなかったんですね。
あたりまえのことですが。


無理矢理な無理はしないこと。
高望みは、するのは大いに結構、だけど、相応の努力を続けなさいね、ということ。

多くの時間を費やして得た、私の教訓でした。

今も、「ロ」にはそんなこだわりが詰まってます。

 

(2014年8月14日(木) 23:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

童謡~現代曲も対応OK!留学生に指導も。初心者目線で、明るくレッスン

ふじた尺八教室
藤田博丈 (尺八)

吉祥寺・荻窪・西荻窪・明大前・下北沢・浜田山・高井戸・富士見ヶ丘

ブログ記事 ページ先頭へ