全国5万人が受講している「サイタ」

尺八教室・講座

尺八教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室尺八教室東京 ふじた尺八教室 スクールブログ 敷居の高さ、感...

敷居の高さ、感じますか?

尺八に限らず、伝統楽器の世界の敷居が高いと感じる方は多いのではないでしょうか。
伝統とか、格式とか、お作法がきっちりがっちりあって、とても私には理解も実践もできません、というイメージが定着しているような気がしますが、どうでしょうか。


去年の年末に、誰にでもわかる邦楽器による朗読劇、というコンセプトの舞台があったのですが、そこへいらして下さった方の意見で、
「やっぱ私の知らない世界だから、なんか、わかんないけど、すごいなあって感じでしたよ」
みたいな感想をいただきました。
やっぱり、難しい世界だと感じるのでしょうか?


でも、「私の知らない世界」って、よく考えてみると、普通の音楽業界だって、私達の知らない世界じゃないでしょうかね。
私にとっては、J-POPとかクラシックとかジャズとか、みんな「知らない世界」です。


じゃあ、なんで伝統楽器の世界は、取り立てて「知らない世界」が強調されるんでしょうね。

その理由の一つに、音楽のわかりにくさがあるのではないかと思います。


J-POPとかクラシックとかジャズとか、みんな聴いただけでわかります(例外もあるでしょうが)。
あ、いいな、とか、すごいな、かっこいいな、とか。
その時点で、敷居とか、感じてないですよね。


伝統楽器の、とくに限定して尺八の音楽はどうかというと、・・・・・
まあ、よくわかんないでしょう、たぶん。

もとは、禅の修行の行為ですから、音楽と言ってしまうこと自体、ほんとは違うのでしょうが、でも、音楽的であるのも確かです。

その「音楽的」なものを、「音楽」そのものとして楽しめるかどうか、ということが問題です。


今は、新しい曲を作ったり、洋楽器やポップスや、いろんなセッションをして、活路を見出そうという方がたくさんいらっしゃいます。
そういうものは、純粋に音楽として楽しめますよね。


そうではない、本曲のような「音楽」を楽しむ方法は、ないでしょうかねえ。

実は、本曲にも、型というか、形式みたいなものがあったりします。それを知ってみると、意外と分かりやすかったりするかもしれません。

ただ、ポップスなどのように、Aメロ-Bメロ-サビ、みたいなはっきりしたものではないので、なんか、わかりやすく説明できないかなあと、日々考えているんですが・・・・・。


正直なところ、伝統という重み自体が敷居の高さを感じさせるということもあるでしょうし、あまり軽々しく扱うのはどうかという気持ちもあるので、本曲の難しさについては今後の課題として考え続けます。



そういう難しさが背景にある尺八ですが、今は純粋に楽器として始めることができるので、わかりやすいところからどんどんアプローチしてもらえたらいいなと思います。
好きな曲を吹けるだけでも楽しいですから♪






 

(2014年6月15日(日) 15:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

童謡~現代曲も対応OK!留学生に指導も。初心者目線で、明るくレッスン

ふじた尺八教室
藤田博丈 (尺八)

吉祥寺・荻窪・西荻窪・明大前・下北沢・浜田山・高井戸・富士見ヶ丘

ブログ記事 ページ先頭へ