全国5万人が受講している「サイタ」

尺八教室・講座

尺八教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室尺八教室東京 ふじた尺八教室 スクールブログ その10分、は...

その10分、はたして無益か、有益か?

目的意識やテーマ・課題というのは、大事だと思います。
昔、そんなことも考えず、ただやりたいだけで一日8時間とか練習してたこともありましたが・・・
それはそれで、意味があったと思います。
けど、ずっとそんな練習方法を続けるのは難しいです。

大人になったなら、効率というものも考えないとけない。
一つのことだけやっていられるわけではないですから。


私は、本来どちらかというと、あまり考えないで、楽しいからそれでいいじゃん、文句ある?という性質なんですが(でも文句言われると落ち込みます(T T))、
さすがに、そうとばかりも言っていられないので、なんかうまい方法を考えないといけないな、と思ってやっています。


以前、「ただ『やりました』というだけの10分なら、やらないほうがまし」という話を耳にしたことがあります。
正直、耳の痛い話でしたが、ただ漠然と音を出すだけで、それで練習した気になるのは、確かにちょっと違うかなという気がします。

じゃあ、10分程度やっても意味がないのかというと、決してそんなことはないと思います。


私の場合ですが、絶対外せない基本練習のメニューがあって、その中でも優先順位がついています。
どうしても時間が取れない、どうする、というときに、

「どうせできないから、や~めた」

というのはもったいないので、取れる時間の長さに応じて、優先順位の高いものから、集中してやります。

それだけでも、いつもの状態との比較ができるし、少しでも感覚を確かめておくことで、次につなげることができます。

ひとそれぞれでいろんな考え方・やり方があると思いますが、私は毎日楽器を触っていたいので、こういう考え方でやっています。


たかが10分、されど10分、気持ちの込め様と取り組み様によって、無益にも有益にもなる、と私は思います。

・・・いつもいつも有益にできたら、いいんですけどねぇ。

 

(2014年6月8日(日) 16:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

童謡~現代曲も対応OK!留学生に指導も。初心者目線で、明るくレッスン

ふじた尺八教室
藤田博丈 (尺八)

吉祥寺・荻窪・西荻窪・明大前・高井戸・富士見ヶ丘

ブログ記事 ページ先頭へ