全国5万人が受講している「サイタ」

尺八教室・講座

尺八教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室尺八教室東京 ふじた尺八教室 スクールブログ 尺八本曲(ほん...

尺八本曲(ほんきょく)って?

今年も三分の一が過ぎました。
私は、今年は「琴古流尺八本曲36曲」を10回ずつ通し吹きする、という課題に取り組んでいます。

尺八のことを知っていただくために、「本曲」について簡単にお話ししますね。

本曲というのは、簡単に言うと


「尺八だけで吹く曲」


のことです。
一人で吹く曲も、合奏する曲も、尺八だけで吹くなら、本曲です。
その中で、江戸時代など古くから伝えられているものを「古典本曲」と言ったりもします。
普化宗という宗教の修行などの目的で、虚無僧(こむそう)によって吹き継がれてきました。僧といっても、純粋なお坊さんとは違ったみたいですが、お経の代わりに本曲を吹いた、というイメージですかね。

反対に、新しく作られたものを「現代本曲」ということもあります。

琴古流本曲は、古典本曲です。
古典本曲は150曲くらいあるそうですが、私は全部は知らないんです(T_T)
奥が深いです;
おいおい勉強したいなと思ってます♪
 

ちなみに、本曲に対して、他の楽器と合奏する曲を「外曲(がいきょく)」なんて言ったりもします。尺八の世界の「外」の曲ってことでしょうか。
お箏も三味線もピアノもギターも、一緒にやるのはみんな外曲です。

内でも外でも関係なく、今は純粋に音楽として、いろんな楽器と合奏するのも、尺八の楽しみですね♪

 

(2014年4月29日(火) 23:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

童謡~現代曲も対応OK!留学生に指導も。初心者目線で、明るくレッスン

ふじた尺八教室
藤田博丈 (尺八)

吉祥寺・荻窪・西荻窪・明大前・高井戸・富士見ヶ丘

ブログ記事 ページ先頭へ