サイタ趣味の習い事占いやり方スクール占星術大阪 欲求がわかるすごい心理占星術講座 スクールブログ なぜ神話ができ...

なぜ神話ができたのか

ギリシャ神話専門の大学院教授や様々な研究者方の文献を要約すると


人間はホモサピエンスとしてものを考えるようになった頃から
天には太陽や月が見え、そのありがたさを感じ、また自然界の温度や気象現象を目で見て身体で体感しながら、自分達の命があることは、自然の恵みを生み出す大地があり生命は自然を作った創設者に生かされている事に感謝し
人は大地や自然を神として崇拝してきたのです。
そして秩序や文化や風習を伝えていくために、物語を作って行ったのです。
その事は3万5000万年前の遺物や遺跡からも検証されています。



人間は1人1人考える脳があり
また集団ごとに異なる風習、やり方、考え方ができていく中、
人間の立場をきちんと定義しておく必要があった。



西洋ではギリシャ神話を教養として知っている人が多くいる
ギリシャ神話には、いつの世も変わらない人間の愛憎の思いが理解できる物語となっています。

紙や文字など、ましてや沢山の人々が読み書きができない時代
だからこそ、物語にして言葉で伝えていったギリシャ神話は神の存在や精霊など感じ取れる人がストーリーをたててシナリオを作ったとされています。



ここで私がいつも考えるのは、

この感じ取れる人とは、サビアン占星術の実験を行ったエリス・フィラーのような透視能力や特殊な能力者が、古代にもいて、
神々の物語を作ったのではないか。
12星座の物語を作ったのではないか。

それでなければ、こんなにも、季節の時期エネルギーとそれを伝える12星座のギリシャ神話の内容がこんなにもバチッとリンクしていることがあまりにも不思議過ぎます。


私自身は何も見えない、感じない
占星術でさえ、宇宙物理学からのアプローチや現実重視の鑑定をしています。
だからこそ、公的機関より公演依頼があったりしますが、


実際には、周りには、目には見えない能力を持つ方々がいます。
だから、もちろん古代にもこのような人達がいたはずです。




宇宙の始まりから人間ができた不思議
ギリシャ神話はなぜできたのか
それは子孫に伝えていきたかった事


今はこんなにもほぼ正確に海の波の満ち引きの時間まで、私達は理解できます。
釣り人は満潮、干潮をピッタリわかるから波に飲み込まれる危険から身を守り、漁ができます。


すべては、時間を調べる技術を古代の人々が創り上げ災難を防ぎ、タイミングをあわせて計画的に生きるために、時期を調べる方法として空を見上げ、身体で感じ、目で見て調べてきました。


人々が創り上げてきた、このシステムは驚く程、精密なシステムです。



古代人が星の角度から時のエネルギーを調べて、生きるため、身を守るために調べ上げた技術それが占星術です。

 

(2016年4月28日(木) 2:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

上級心理カウンセラー保持、鑑定者数は七百人以上!情報誌で星占いを連載中

目的・種類別に占星術やり方教室・講座を探す

新着記事

本日のイベントは 基本 ウェディングイベントなので 若いカップルの鑑定になるのかな? と思いながら席に着き、深呼吸。 本日用意していた クリスタルアストロダイスを振り 今日は どんな1日になりますか? そんな質...

いつも、言ってます。 世の中のある程度の占星術鑑定はスタートの意味も言わず2.3時間で 30000〜40000円は当たり前 鑑定料金を取られています。 私は 7〜10時間 何話してんのよ!とスタートは思う内容ですが 体感は2.3...

今回は私としてはあまりにも安すぎるイベント価格でご提供する鑑定ですので、 宣伝という宣伝はせずに ただ、こころの声として 出している こちらのブログにて案内はしていましたが 本日は 久しぶりに いつも応援してくださっているクライアント様から 一カ月ぶりかな? た...

和歌山県西牟婁郡 上富田町 スーパーセンター オークワさん前にオシャレな建物の美容室 ボエームさんで 2018.7.22 日曜日 09:00〜18:00 和歌山 初上陸︎ まだ、田舎の私達が知らないような驚きの美容、健康等の商品を集めたイベントが開催されます...

これを家族全員で知れたなら 本当に最高の安心安全だろうな。。。 そう思いながら ご家族のお見送りをいたしました。 何より、時期的影響が一日単位でバチっと理解できるなんて、 この知識をまだ知らない世の中の大半の人々は 本当に損をされておられる...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、占星術レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ