パソコン教室・IT資格情報処理技術者試験対策講座システムアーキテクト試験東京 システムアーキテクト対策講座 戸波剛治コーチへインタビュー

戸波剛治コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

システムアーキテクト対策講座

レッスンを進めていくにあたって、一番大切にしたい価値
観は、コミュニケーションです。

本来、教育は、一方通行のスキルトランスファーではなく、
教える側と教わる側がお互いにキャッチボールすることで
知識や経験を伝えあいながら、切磋琢磨していくことが
いいと思っています。

大学時代の恩師が好きな言葉は、『熱意と誠意は人心を
動かし協力を生む』です。まさに、その言葉通り熱意を
もってコミュニケーションすることで、ハッピーな関係
を築きたいと思っています。

Q2初めてシステムアーキテクトを受験する方へメッセージをお願いします!

システムアーキテクト対策講座

情報処理技術者試験の午後2の論文試験は、2時間で
約3000字程度記述しなければならないため、初心者の方は
どのように記述したらよいのか、また合格レベルはどの程度
なのか、わからないと思います。

しかし、午後2試験の記述には「型」がありますので、
それをマスターすることが先決です。
設問文を基に論文設計してから、問題文を参考に論述内容
を肉付けすることによって、題意に合った論文になります。

後は、自分の主張を根拠で支えること、および具体事例を
添えることが、合格論文には必要です。

論述ネタをもっていれば、あとは構成力と表現力だけです
ので、合格レベルの論文を書けるよう目指しましょう!

Q3独学でシステムアーキテクト試験の勉強をしている方へメッセージをお願いします!

システムアーキテクト対策講座

論文とレポートの違いとは何でしょうか?

レポートは、報告することなので、「~した」「~した」
といった記述で問題ありません。
しかし、論文は、自分の考えを主張することなので、
「~した」「~した」では、必ずしも読み手が納得して
くれるとは限りません。

考え・主張に対して客観的に根拠や理由を付けていくこと
が必要となります。

「題意整合性」「論理一貫性」「文章表現」「面白さ」
といった4つの観点で一歩踏み込んで論述の仕方を
解説いたします。

システムアーキテクト試験対策 無料体験レッスン

初めてシステムアーキテクトを受験する方も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
戸波剛治 先生
担当:戸波剛治 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる