全国5万人が受講している「サイタ」

システムアーキテクト試験対策・合格講座

システムアーキテクト試験対策・合格講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格情報処理技術者試験対策講座システムアーキテクト試験東京 システムアーキテクト対策講座 スクールブログ 論文としての約...

論文としての約束事 №10

■パラグラフを守る
平成22年の採点講評に「論述は第三者に読ませるものである
ことを意識してほしい。例えば、段落を分けることで何に
ついての記述なのかを明確にする、・・・」といった記載が
あります。それでは、「段落を分ける」とはどういうことか
考えてみましょう。

論文は、大きな構成からいうと、「章」-「節」-「項」の
順番になります。「項」の次は、「段落」となるわけです
が、「段落」を正しく理解されている方は非常に少ないと
思います。ここでは、「段落」とほぼ同じ概念である
「パラグラフ」について説明します。

「パラグラフ」とは、ある一つのトピックについて述べた
文の集まり(一つの文で構成されることもある)のこと
です。全く同じトピックについて二つ以上のパラグラフが
割り当てられたり、逆に、一つのパラグラフの中に、二つ
以上のトピックが述べられたりすることはありません。
つまり、トピックが変わる場合は、改行しなければならない
ということです。トピックが変わっているにもかかわらず、
パラグラフが同じであれば、採点者は話の続きと思って
読んでしまうためわかりづらくなってしまいます。
また、改行(字下げ)がほとんどされていない文章は、
読みづらい印象を与えてしまいます。

「4~6行ごとに改行する」と書かれた参考書をよく目に
します。しかし、「5行書いたので読みやすくするために
ここで改行しよう」という考えではなく、あくまでトピック
が変わったら改行する、が本来のパラグラフの意味合い
です。このルールを守ることによって、文章の構成がわかり
やすくなります。

 

(2012年1月2日(月) 20:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

システム開発歴20年以上。情報処理技術者試験の論文試験の指導も

システムアーキテクト対策講座
戸波剛治 (システムアーキテクト試験)

品川・五反田・渋谷・新横浜・町田・自由が丘・三軒茶屋・二子玉川・たまプラーザ・あざみ...

ブログ記事 ページ先頭へ