全国5万人が受講している「サイタ」

システムアーキテクト試験対策・合格講座

システムアーキテクト試験対策・合格講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格情報処理技術者試験対策講座システムアーキテクト試験東京 システムアーキテクト対策講座 スクールブログ 論文としての約...

論文としての約束事 №1

■文字はある程度丁寧に

平成21年度の採点講評に「文字の記述が乱雑なものや誤字
脱字が目立つもの、論旨がはっきりせず論述内容が理解
しづらいものがあった。このような論述では、論述内容を
正しく読み取れない場合もあるので、是非留意してもらい
たい」とあります。

元々字のうまい下手はあると思います。しかも、120分の
中でスピードアップして書かないといけないため、文字が
乱れることは致し方ないと思います。

しかし、最低限、この字は何と読むかわからない、とか、
採点者が不快に思うくらい読みにくい字にはならないよう
にする必要があります。

あまりに乱雑に書かれていると、採点者の心証に影響
します。丁寧に書こうとしすぎて、結果的に制限時間内に
書ききれなければ意味がありませんが、事前に論文を
書いて自分の書けるスピードを知っておくとともに、
時間内に書けるように練習しておきましょう。

 

(2012年1月2日(月) 19:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

システム開発歴20年以上。情報処理技術者試験の論文試験の指導も

システムアーキテクト対策講座
戸波剛治 (システムアーキテクト試験)

品川・五反田・渋谷・新横浜・町田・自由が丘・三軒茶屋・二子玉川・たまプラーザ・あざみ...

ブログ記事 ページ先頭へ