サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 股関節の動きと重心の位置

股関節の動きと重心の位置

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
ブレない為のおなかの力の使い方、前に進みやすい重心の位置、というものがわかってきたと思います。

1 重心の高さ
  前回レッスン時に、おなかの力でお尻を引き上げる、と表現していたことですが、その力の使い方を考えていきました。
  ①その場で、片方ずつ脚を動かす。
   この時、上体は真ん中を保つようにします。
   軸脚側、おなか~鼠径部、太もも内側にかけて、の力で踏ん張るようなイメージです。
   体の外側や後ろ側ではなく、内側、前側を使うことがポイントです。
  ②①で感じたおなかの力を入れて、足踏みをします。
   左右に揺れるのがマシになりました。
  ③走ってみると、ブレがマシになったのを感じられました。

2 重心の位置と股関節の動き
  ①体、爪先は正面向きのまま、斜め前方向に進みます。
  ②後ろ足は、前足を追い越さないように置いていきます。
  ③股関節をしっかりと使います。
   つま先の蹴りを使っていると、股関節を使っている感じが分かりませんが、土踏まずで接地しようとして動くと、股関節を使っていることをはっきりと感じられます。
  ④1でやったのと同じところ(おなか~鼠径部~太もも内側など体の内側、前側)を意識して動くと、体が自然と前に行くのを感じられます。
  ⑤斜め→まっすぐ走る
   脚が軽く感じられるようになりました。
   
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 腰の位置と右股関節の動き、姿勢などひと通り確認し、接地が変わればリズムも変わるのを感じることができました。 1 腰の位置と股関節の動き   ①つま先をそろえて立った状態から、腰の位置を変えずに、右足を半歩後ろに引く。(おへその右斜め下~鼠径部にかけてピンと張ります...

お疲れさまでした。 軽い接地ができるようになりました。 1 接地   土踏まずで自分のお尻の真下を踏む動き。   姿勢は自然と、まっすぐになります。   つま先で接地していたときは、上体が前のめり気味でした。 2 右股関節の動き   右脚の方が力が入っている感じ、というこ...

お疲れさまでした。 右股関節の動きを確認しました。 1 右股関節の動き   ①右足で目印を踏み、足踏みをする。    少しずつ前に移動してしまう時と、目印を踏み続けられる時とでは、股関節の動きが違うのがわかります。   ②①の目印を踏み続ける時の動かし方で、右足を軸として小刻みに...

お疲れさまでした。 右脚の動きや接地を姿勢の面から調整していきました。 1 姿勢   緩い上り坂を使います。   ①地面に対して垂直になるように立つ。   ②その場で足踏み。    この時、踵接地ではなく、土踏まず~拇指球で接地する。    おへその下がピンと張るのを感じます...

お疲れさまでした。 腰の位置が前で決まっていれば、つま先や足首の返しを使わなくても済むことが分かりました。 1 腰の位置   ①両足をそろえたところから、右足を半歩後ろに引く。    腰の位置は左右同じまま、右のおへその下~鼠径部辺りがピンと張るのを感じます。   ②左足が常に前...

レッスンノート ページ先頭へ