スポーツ教室ランニング教室レッスンノート リズムとペース

リズムとペース

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
次のレースはハーフになるので、少しペースを上げた走りをしました。

1 6分07 (4分56)
2 5分50 (5分19)
3 6分09 (4分47)
4 6分10

( )内はつなぎのウォーキングです。

ストライドを大きくすることよりも、ピッチを少し速めにすることを意識します。
そうすれば、お尻が後ろに残ることなく、ストライドも適度な範囲内で伸ばすことができ、自然とペースアップできます。

1、2、3本目は5キロを走りたいとき、ぐらいのリズムになりました。
4本目は、動きも少しゆったりした感じで、ハーフを走りきれるぐらいの余裕のあるリズムでした。

今日は、アップのジョギングの時から、接地が上手くできており、ブレーキが小さく、蹴った力が効率よく進むことに使われていました。
そのことも、スムーズにスピードに乗れた要因の一つだと思います。

また、呼吸が上がっても脚は勝手に回転し続けるという感覚をつかんでもらえたことも大きな収穫だったと思います。

週に1回ぐらい今日みたいな走り方をして、後は、ジョギングでつなぐ、というような練習を続けていけば、スピードを底上げしていくことができます。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta