サイタスポーツ教室ランニング教室愛知 ランニングスクール スクールブログ 誰でもできるラ...

誰でもできるランニングパフォーマンスを上げる方法

誰でもできるランニングのパフォーマンスを上げる方法は、呼吸と運動のリズムを合わせることです。

無意識でやっている人もいるかもですが、これは運動-呼吸同調(LRC locomotor respiratory copling)といいます。

走るときの足音などのリズムと呼吸のリズムが合うとパフォーマンスにいい影響が起こります。

ランニングに限らず、リズミカルな運動をしているときに、呼吸数や呼吸リズムが運動テンポの影響を受けます。


このことは、個人的な体験で申し上げているわけではなく、研究でさまざまなメリットがあることが証明されています。

歩行や自転車エルゴメーター中の一定の運動リズムに、呼吸リズムを同調させることが運動効率の向上をもたらすという研究があります。

そのほかにも、

運動持続時間の延長

酸素摂取量の低下

呼吸困難感が軽減

なども示唆されているとのこと。

ランニング中は、呼吸のリズムを意識してみるとパフォーマンスが上がるかもなのでぜひ試してみてください。

参考記事→ http://rw-s.com/post-4029/

 

(2020年12月2日(水) 22:27)

前の記事

次の記事

新着記事

カフェインを摂取すると疲れにくくなるので、パフォーマンスを高めるためにトレーニングやレース前に摂取するとおすすめです。 カフェインが疲れにくくなるメカニズムとしては、 トレーニングで疲労困憊まで追い込むと、脳にある痛みや疲労などの信号を受け取る受容体が神経細胞に働きかけます。 ...

持久力とひとことに言っても特異性があります。 なので、エアロバイクのトレーニングでは、ランニングの持久力向上効果はそれほど大きくありません。 自転車トレーニングにより、乳酸性作業閾値を39%上昇させたが、走行では乳酸性作業閾値は不変だったという実験結果があります。 ま...

反応抑制という、衝動を意図的に無視する能力が弱いと、マラソンなど持久力を必要とする競技のパフォーマンスが下がります。 胸に手を当て、自分は衝動を意図的に我慢できるか、無視できるか自分の行動を振り返ってみましょう。 衝動を意図的に無視する力(反応抑制)を消耗する課題(好きなお菓子...

音楽を聴きながら走るとパフォーマンスが上がるかもというお話です。 なんとなくそんな気がするような話ですが、これを調べた研究があるのでご紹介します。 音楽のテンポが速い場合200bpmと遅い場合70bpmを比べた場合 、アップテンポな曲(200bpm)を流したときの方が速く走れるとい...

マラソン大会前やトレーニング前にネガティブな言葉を口にしていませんか? 普段から使う言葉は、あなたの行動にかなり大きな影響をあたえているのです。 このことを証明したニューヨーク大学の有名な実験をご紹介します。 複数の大学生グループに、単語群から短い文章を作ってもらう実験をさせ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ