サイタスポーツ教室ランニング教室愛知 ランニングスクール スクールブログ マラソンで疲れ...

マラソンで疲れず走れるかもしれない栄養素の話

マラソンやハーフマラソンなど、長距離をなるべく速く走りたいと思っている人におすすめの栄養素をご紹介します。

それはタウリンです。

タウリンの運動時のエネルギー代謝効果としては、糖利用の抑制効果というものがあります。

かんたんにいうと、糖質を温存できるというわけです。
フルマラソンでよくいわれる30キロの壁は糖質不足が原因ともいわれていますね。


また、脂肪組織での脂質分解を高めることが示されています。

こちらは、脂質をエネルギーとして使いやすくなりますよ。ということです。

人を対象にした研究で、タウリンを投与すると運動時の脂質の酸化利用が高まったとの報告があります。

また、タウリンを摂ることで運動時の疲労の防止につながるという報告も多いそうです。


では、どのタイミングでタウリンをとればいいのでしょうか。

タイミングについては、次のような実験があります。

男性ランナーを対象にした実験で、運動開始2時間前に1gのタウリンを摂取させることで3kmタイムトライアルのタイムが短縮されました。

ということで、レース開始2時間前がおすすめかもしれません

参考記事→ http://rw-s.com/post-4209/

 

(2020年10月22日(木) 22:07)

前の記事

次の記事

新着記事

サイタの出張パーソナルランニング教室、名古屋・桑名エリアの神田です。 本日から無料体験レッスンが再開します。6月30日でサイタのサービスは終了予定ですが、3月31日までは8000円の入会金が無料です。 詳しくは以下の通りです。 ■サービス終了までのスケジュール(変更後) ・...

誰でもできるランニングのパフォーマンスを上げる方法は、呼吸と運動のリズムを合わせることです。 無意識でやっている人もいるかもですが、これは運動-呼吸同調(LRC locomotor respiratory copling)といいます。 走るときの足音などのリズムと呼吸のリズムが合う...

インターバルとジョグのどちらが持久力向上に向いているかですが、実はこれに関する研究があるのでご紹介します。 西オンタリオ大学の研究です。 30秒スプリント走3~6回(休憩4分)を走るグループと、一度に30~60分走るグループに分けます。 それぞれ、週3回を6週間行わせました。...

マラソン、ランニングで少しでも疲れないように走りたいと思いますよね。 今回は、摂取すると持久力を高めてくれるかもしれないあるものご紹介します。 週末のマラソン大会でぜひ試してみてください。 結論からいうと、あるものとはカフェインです。 カフェインによる運動時の効果は...

マラソンやハーフマラソンなど、長距離をなるべく速く走りたいと思っている人におすすめの栄養素をご紹介します。 それはタウリンです。 タウリンの運動時のエネルギー代謝効果としては、糖利用の抑制効果というものがあります。 かんたんにいうと、糖質を温存できるというわけです。 フルマ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ