サイタスポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ 11月のお勧め...

11月のお勧めトレーニング(疲労抜き)

10月にフルマラソンのレースに出た方もいると思いますが、11月にも多くのレースが開催されます。

今回のお勧めトレーニングは「疲労抜き」です。

「疲労抜き」はトレーニングとは言えないかも知れませんが、レース本番でパフォーマンスを上げるための重要なステップです。

具体的な「疲労抜き」の内容を説明する前に、「超回復理論」について少し説明します。

現在、多くのトレーナーや選手は「超回復理論」に基づいてトレーニングをしています。
「超回復理論」とは
・トレーニングで身体を疲労させる→パフォーマンスが下がる
・休息を入れて疲労を抜く→パフォーマンスが戻ってゆく
・疲労が抜ける→パフォーマンスが以前よりも上がる
という考え方です。

他にもいろいろな理論がありますが、一般市民ランナー向けのトレーニングは超回復理論がバイブルとなっています。

「疲労抜き」の考え方も「超回復理論」がベースになっています。

イメージは
レース3週間前
・レースの3週間前に最後のロング走を行う
・その週は5~10kmのジョグを1~2本行い疲労を抜く

レース2週間前
・ハーフマラソンを走る(或いは20㎞走を行う)
・その週は5~10kmのジョグを1~2本行い疲労を抜く

レース1週間前
・10km走を行う
・その週は5kmのジョグを1本程度入れる

です。

「疲労抜き」は加減がとても難しく、ランナーの走力、疲労の溜まり具合によって、内容を調整していきます。

多くのランナーは「疲労抜き」で走る距離が減ることに不安を覚えてしまい、ついつい走り過ぎて上手く疲労を抜くことが出来ません。

レース前の3週間は、今まで積み上げたトレーニングを信じて疲労を抜くことをメインに考えていきましょう。

 

(2018年11月8日(木) 15:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着記事

12月に入り寒い日も多くなってきました。 ランニングシーズン本番真っ只中です。 ランニングシーズンを前半と後半に分けて、シーズン前半のフルマラソンを走り終えた方も多いと思います。 12月はシーズン後半への準備に位置付けられます。 故障をしている方は治療をするのが良いです。 ...

10月にフルマラソンのレースに出た方もいると思いますが、11月にも多くのレースが開催されます。 今回のお勧めトレーニングは「疲労抜き」です。 「疲労抜き」はトレーニングとは言えないかも知れませんが、レース本番でパフォーマンスを上げるための重要なステップです。 具体的な「疲労抜...

この大会は昨年、風邪を引いて参加出来なかったのでリベンジです。 今年は風邪を引くこともなく体調はまずまず。 レッスンが結構入ったので、疲労は少し残っている感じですが。 短い距離のスピード練習はちょくちょく出来たのですが、新潟シティマラソン以降、15km以上、通しで走っていないので...

少し前ですが、10/8(月祝)に新潟シティマラソン(フル)を走ってきました。 この大会は5年位連続で出ています。 去年は暑さもあり後半ボロボロにペースダウン。 ゴールタイムは3時間23分22秒。 今年はそのリベンジです。 去年の反省は ・練習不足 ・疲労が上手く抜けず...

10月に入り、走り易い日が増えてきました。 朝晩は寒く感じる日もあるので、走った後の汗冷えの注意も必要です。 10月は9月に引き続き「ロング走」と「レースペース走」の組み合わせです。 週に1回づつ「ロング走」「レースペース走」を行い、その他に週1~4回ジョグ等の軽いトレーニングで疲労...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ