サイタスポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ ランナーが夏の...

ランナーが夏の暑さを乗り切るヒント

暑い日が続いています。

関東でも連日35℃を越えます。

どんなに暑い日でも皇居は必ずランナーがいるのは凄いですね。

10月にフルマラソンを走る予定のランナーはこの時期にトレーニングを積むことになります。

無理をし過ぎると体調を壊して元も子もないのですが、工夫次第でトレーニングは出来ます。

1.涼しい時間帯に走る
この時期涼しい時間帯は
・朝6時まで
・夜19時以降
です。

夜は19時以降でも蒸し暑い日がありますが、朝は比較的爽やかなようです。
私は朝は苦手なので最近朝ランをしたことありませんが。。。


2.身体の熱の籠り方に注意する
速いペースで走り続けると身体に熱が籠ります。
そのまま走り続けると熱中症と言われる症状になります。

ポイントは熱が籠ったら休憩をして熱を逃がすことです。

ですので速いペースで走るトレーニングをしたいときは、短めの距離にして、休憩をしっかり入れることです。

ゆっくりでも長い距離を走ると熱が籠りますので注意してください。
熱が籠ったら休憩です。


3.ランニングマシン(トレッドミル)を使う
スポーツジムのランニングマシンは直射日光を受けずに、空調が効いた中で走ることができますので、お勧めです。

ジムの会員にならなくても公共のスポーツセンターにもランニングマシンはあります。

欠点は
・飽きやすいこと
・風を受けて走れないので以外と身体に熱が籠りやすいこと
です。


4.日陰を選んで走る
日中走る場合は日向と日陰では暑さが違います。
・木が多い公園で走る
・ビルの陰を利用する
・山を走る
等の工夫で随分体力の消耗が違います。

小雨の日、曇った日に走るのも良いですね。


5.別のトレーニングにする
暑さを避ける点では
・スイミング
・登山
・バイク(自転車)
等は良いですし、ランニングのトレーニングにもなります。


今年は残暑が厳しいようですが、工夫して暑さを乗り切ってください。
トレーニング中は水分補給にも気を使ってください。

 

(2018年8月6日(月) 17:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着記事

10月にフルマラソンのレースに出た方もいると思いますが、11月にも多くのレースが開催されます。 今回のお勧めトレーニングは「疲労抜き」です。 「疲労抜き」はトレーニングとは言えないかも知れませんが、レース本番でパフォーマンスを上げるための重要なステップです。 具体的な「疲労抜...

この大会は昨年、風邪を引いて参加出来なかったのでリベンジです。 今年は風邪を引くこともなく体調はまずまず。 レッスンが結構入ったので、疲労は少し残っている感じですが。 短い距離のスピード練習はちょくちょく出来たのですが、新潟シティマラソン以降、15km以上、通しで走っていないので...

少し前ですが、10/8(月祝)に新潟シティマラソン(フル)を走ってきました。 この大会は5年位連続で出ています。 去年は暑さもあり後半ボロボロにペースダウン。 ゴールタイムは3時間23分22秒。 今年はそのリベンジです。 去年の反省は ・練習不足 ・疲労が上手く抜けず...

10月に入り、走り易い日が増えてきました。 朝晩は寒く感じる日もあるので、走った後の汗冷えの注意も必要です。 10月は9月に引き続き「ロング走」と「レースペース走」の組み合わせです。 週に1回づつ「ロング走」「レースペース走」を行い、その他に週1~4回ジョグ等の軽いトレーニングで疲労...

少し前の話ですが、9/22(土)に「第8回スポーツメイトラン川崎多摩川河川敷マラソン大会」を走ってきました。 距離はハーフマラソンです。 ローカルでノンビリした大会です。 天気は「曇り時々雨」。 気温は26.5℃。 湿度は80%。 やや蒸し暑さを感じました。 ウォ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ