サイタスポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ 7月、8月のお...

7月、8月のお勧めトレーニング(ロングジョグ)

7月に入り、暑い日が続いています。

この季節は熱中症や脱水症状に注意して、体調を崩さないでランニングを継続することが大事です。

まずは日中の暑い時間帯を避けれて、朝、夕方、夜の涼しい時間帯に走るのが良いです。

途中の水分補給も大事です。
スポーツドリンクは汗で失ったミネラルも補給できるのでお勧めです。

初心者の方は、とにかく無理をしないでランニングを継続することです。
走っていて、きつくなったらウォーキングに切り替えましょう。

ランニングを継続していると暑さがピークを過ぎた8月後半から少しづつ走り易くなってきます。

秋のフルマラソンを目指す方は、5月、6月に引き続き、ゆっくり長い距離を走るトレーニングを継続させていきましょう。

5月、6月はLSDがメインでしたが、7月、8月は「ロングジョグ」がメインです。

LSDとロングジョグの違いは、LSDは「ジョグよりもう一段階ペースを落として、少し走り難い位のペース」、ジョグは「ゆっくりと会話を楽しみながら走れる位のペース」です。

つまりジョグの方が楽に走れます。
暑い時期は出来るだけ楽に走りましょう。

距離は、楽に走れる距離から始めて少しづつ伸ばしていきます。
120分間のLSDが楽に出来る方なら15~20㎞は走れるはずです。

少しづつ距離を伸ばして25~30㎞を走れるようになったら、繰り返し余裕度を上げます。ペースを上げる必要はありません。

長い距離を走るのは週に1回で十分です。

フルマラソンで目標タイムがある方は、目標タイムのスピードを意識するトレーニングも、週に1回入れると良いです。
(例えばフルマラソン4時間切りが目標なら、1㎞当たり5分40秒のスピードです)

暑いので無理はしないで、目標タイムのスピードに身体を慣らしていけばOKです。

例えば
・5㎞走るときに最後の1㎞は少しづつペースを上げて、目標タイムのスピードにする
・「1㎞を目標タイムのスピードで走る→少し汗がひくまでウォーキングで休憩」
 を繰り返し5セット行う
等です。

暑い時期に頑張っておくと、秋のトレーニングに繋がります。

無理をしないで頑張っていきましょう。

 

(2018年7月3日(火) 17:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着記事

10月に入り、走り易い日が増えてきました。 朝晩は寒く感じる日もあるので、走った後の汗冷えの注意も必要です。 10月は9月に引き続き「ロング走」と「レースペース走」の組み合わせです。 週に1回づつ「ロング走」「レースペース走」を行い、その他に週1~4回ジョグ等の軽いトレーニングで疲労...

少し前の話ですが、9/22(土)に「第8回スポーツメイトラン川崎多摩川河川敷マラソン大会」を走ってきました。 距離はハーフマラソンです。 ローカルでノンビリした大会です。 天気は「曇り時々雨」。 気温は26.5℃。 湿度は80%。 やや蒸し暑さを感じました。 ウォ...

9月に入りましたが、まだ暑さが続く予報が出ています。 とは言っても10月、11月にフルマラソンを控えている方は実戦向きのトレーニングに入ることになります。 ポイントは「ロング走」「スピード練習」の組み合わせです。 週に1回づつ「ロング走」「スピード練習」を行い、その他に週1~4回ジョ...

暑い日が続いています。 関東でも連日35℃を越えます。 どんなに暑い日でも皇居は必ずランナーがいるのは凄いですね。 10月にフルマラソンを走る予定のランナーはこの時期にトレーニングを積むことになります。 無理をし過ぎると体調を壊して元も子もないのですが、工夫次第でトレー...

7月に入り、暑い日が続いています。 この季節は熱中症や脱水症状に注意して、体調を崩さないでランニングを継続することが大事です。 まずは日中の暑い時間帯を避けれて、朝、夕方、夜の涼しい時間帯に走るのが良いです。 途中の水分補給も大事です。 スポーツドリンクは汗で失ったミネラル...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ