全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室愛知 ランニングスクール スクールブログ 運動習慣ありま...

運動習慣ありますか?

今日は出雲駅伝ですね!今年はどんな結果になるか楽しみです!

さて、日頃から運動する習慣はありますか?気になるニュースがあったので紹介します。

スポーツ庁の調査によると30年前に比べ10代後半〜30代女性の運動習慣がある人の割合が大幅に減少し、30代女性は体力低下傾向にあるそうです。

スポーツ庁はこの原因を、子育てのほか、働く女性が増えて、運動をする余裕がなくなってきているからと考えているようです。

この結果を受けスポーツ庁は、忙しい中でも運動習慣を身に付ける対策が必要だとしています。

ちなみに高齢者では健康志向の高まりから運動習慣がある人の割合は増えているようです。

運動習慣、大事ですよね〜。

時間があればできるんですけどね。
運動習慣のある高齢者が増えてるのはそういうことなんじゃないかって思います。

なんで時間がないかっていったら、経済的な不安があるから長時間働いて稼がないといけないのもありますよね。

会社も会社で人件費削るために一人当たりの労働時間増やすもんだから、運動する時間なんてありませんよね。

消費者でもある労働者が長時間労働してるからモノやサービスを消費する時間もお金もなくて、企業の利益がでなくてまた人件費削って…の悪循環。

あまり関係ないけど、トライアスロンをやる人には経営者が多いとよく聞きますが、あれは逆だと思います。経営者でお金や時間に余裕がある人がトライアスロンをやる傾向にあるんだと思います。

話を戻して、時間がないから運動習慣がない→肥満から2型糖尿病などの生活習慣病→腎臓やられて人工透析などなど→医療費負担増ってなったら困るのは国だと思うんです。

国っていうか、しわ寄せは結局のところ国民にくるんですけどね。

まあ何はともあれ、将来の自分の健康のためにも運動習慣を身につけておきたいところです。

とくに男性に比べて女性は、ホルモンバランスの影響で4、50代ころから骨のカルシウム量が減少しやすくなります。

骨粗鬆症が女性に多いといわれるのはこのためです。

対策としてはカルシウム量が減少する前までに骨を強くしておくことです。イメージ的には骨(カルシウム量)を貯金しておくという感じですね。

骨を強くするには運動が大切です。

運動によって骨に圧力が加わることで、骨が丈夫になろうとして強くなります。ウォーキングやランニングは骨粗鬆症対策にもってこいです。

水泳は重力の影響を受けにくく、骨に圧力がかかりにくいので効果はいまひとつです。(水中で運動することのメリットもありますが)

自分の身体を守れるのは自分だけなので、運動習慣に気をつけてみましょう。

 

(2016年10月10日(月) 13:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

健康運動実践指導者資格あり!体の使いカや管理までしっかりとサポート

ランニングスクール
神田智文 (ランニング)

鶴舞・春田・蟹江・桑名・左京山・青塚・津島・佐屋・多度・藤が丘・星ヶ丘・名城公園・瑞...

ブログ記事 ページ先頭へ