全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 健康のための︎...

健康のための︎ランニング


ALL・ランニング塾の大石です。
秋に入り、またレースシーズンとなりましたね。

私はシーズンオフがほぼなく、2016年になって大会に出ていない月は5月と8月だけでした。

突然ですが、皆さんが大会のエントリーで良く使ってるランネット(アールビーズ社)の調査によれば、ランニングを始めようと思ったきっかけは以下の順でした。

1位)運動不足解消・エクササイズのため…42%
2位)健康のため(減量ではない)…33%
3位)ダイエット(減量)…33%

続いて、ランニングを続ける理由になると…

1位)レース出場に向けて…42%
2位)健康のため(減量ではない)…31%
3位)楽しいから…29%

※複数回答の為100%にはなりません。

始めるきっかけと、継続する理由は違っているという事がわかります。

特に継続に関しては、1位と2位の差も大きいですよね。国内のマラソン大会が増え続けているのもこのデータに表れているのかなと思います。

ランニングに限らず、ジムでも何でも「運動をして健康になりたい」とか「運動不足を解消したい」とか、良く聞きます。

サイタの生徒さんの中でも、このような理由で申し込まれた方はたくさんいらっしゃいます。

ランニングは多くのスポーツに必要となる動作ですし、実際の競技で走りっぱなしになることはなくても、体力をつける上で走り込むこともあるでしょう。

なので「運動=走る」が誰にも思い描かれるわけです。

楽しくランニングすることがずっと習慣になっているのなら深く考える事もないのですが、そうでもない人つまりサボりやすい人へ考えて欲しい事があります。
(↑これジム入会しても続かない幽霊会員も同じ)

行動心理学的な面から言うと

人間は「動機」がなければ「行動」を起こしません。

健康になりたい、運動不足を解消したいと走り出した人は、それが「動機」なのかもしれません。

でも、その成果が定期的に何らかの形で実感できなければ、段々と続ける意欲も薄れてしまいます。

ジムに例えるなら、筋トレしててもなかなか筋肉がつかず、体重も変わらず…な人。

そもそも、その動機が「?」だからなのです。

健康になったという基準は何なのでしょうか。
運動が不足していない状態とはどういう状態なのでしょうか。

健康という言葉ほど曖昧なものはありませんよね。
病気になっていないことが健康なら、ランニングすることは違うかもしれない。

運動不足の解消が走る習慣をつけることとするなら、習慣というものを明確にする為に走る頻度や時間を具体的にしなければならない。

そうしないと達成感もないので、段々飽きてしまうからです。

人間には、誰かに認められたり、褒められたり、快楽を得たり、喜びの感情を引き起こすシステムが脳内にあります(報酬系とも言われる)

この作用によって人は、「また味わいたい」「もっと続けたい」と欲が出て行動を繰り返すようになります。

旅行でも食事でも、皆さんが趣味としているものにはきっとその報酬系が働いてることでしょう。

悪い意味では麻薬が常習になるのも同じことです。

そこでもう一度考えて欲しいのが、「健康になる」「運動不足を解消する」の目的のままでランニングはいつまでも継続できるものでしょうか?

どちらも大切なことではありますが、目的に具体性がないまま走っていてもランニングは続かないのが現状です。

何となくでも「痩せたい」と走り始めた人がある程度痩せられたとして、その先の目的は何でしょう?

走れば無限に痩せられるわけでもなく、いつか頭打ちになって変わらなくなります。

繰り返すようですが、人は動機がなければ行動をしません。

なので、私はこういった理由でランニングやジムでパーソナルを依頼される人には、目的をもっと具体化させています。

アールビーズの意識調査を振り返ると、ランニングを続ける理由一位の「レース出場に向けて」というのは、まさに報酬系が良く働く結果かなと思います。

二位の「健康のため」というのは、健康診断で身体の数値の改善や、風邪を引かなくなった、食事を気をつけるようになったなど、体感していることがあるのでしょう。
でも、この理由はランニングを続ける"本当の理由"ではないと私は思っています。

健康は確かに大事。私もそれを仕事にしてますから(笑)

自分の主観も交えて予測すると、健康はランニングを続けてきて"結果的に得られてるもの"であって、それが一番の動機になることはないのではと思います。

三位の楽しいからという理由も曖昧ですが、具体的な楽しみ方を個々で見つけているからですよね。

健康のためのランニングというのはいたって正当な理由のように聞こえますが、私から言うと、始めるきっかけとしては良くても続ける理由としては少し頼りない目的です。

いかがでしょうか?

必ずしも大会に出なさいと言うわけでもありませんが、挫折を防ぎ習慣に繋がることは確かです。

そろそろ暑さを言い訳には休めなくなってきましたねw

健康のための︎ランニング健康のための︎ランニング

(2016年9月16日(金) 12:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ