全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室愛知 ランニングスクール スクールブログ 足を痛めたらR...

足を痛めたらRICE処置

今日は神戸マラソンの当選発表ですね。
結果はいかがでしたか?当選した人はレースに向けてしっかりトレーニングしていきましょう。

今回は足を痛めたときの対処法について基本的なことを書こうと思います。それなりにトレーニングをしていれば足を痛めることは珍しくありません。正しい方法でしっかりと対処しましょう。

足に痛みを感じた時はRICE(ライス)処置をおこないます。RICEとは実施する項目のそれぞれの頭文字をとったものです。

Rest(安静)-スポーツ活動の停止
受傷後は患部を安静にしましょう。

Icing(アイシング)-患部の冷却
冷やすことで痛みの感覚を減少させます。また血管を収縮されることによって腫れや炎症を抑えます。

Compression(圧迫)-患部の圧迫
内出血や腫れを抑えます。

Elevation(挙上)-患部の挙上
心臓より高い位置に挙上し、腫れや炎症を抑えます。

アイシングの時間は20分程度にし、凍傷に注意しましょう。その後1時間以上間隔をあけて再びアイシングを行います。受傷後72時間(3日間)はRICEを継続するといいといわれています。
アイシングは氷嚢やビニール袋に氷と少量の水をいれ、袋の空気はできるだけ抜いて患部に密着しやすいようにするといいでしょう。

足を痛めたときは安静が第一です。無理しないようにしましょう。



 

(2016年6月30日(木) 12:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

健康運動実践指導者資格あり!体の使いカや管理までしっかりとサポート

ランニングスクール
神田智文 (ランニング)

鶴舞・春田・蟹江・桑名・左京山・青塚・津島・佐屋・多度・藤が丘・星ヶ丘・名城公園・瑞...

ブログ記事 ページ先頭へ