全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 動きのしなやか...

動きのしなやかさとは何か

ALL・ランニング塾の大石です。

私は仕事を通じて、小学一年生から90歳を超える高齢者まで幅広い世代の方の身体を見てきています。

体力低下を防ぐ意味でも健康のためにランニングをされてる方は多いと思いますが、そんな中でも特に女性からは"キレイに"とか"しなやかに"というキーワードが良く聞かれます。

男性にももちろんあった方が良いと思うのですが、女性らしさの象徴として位置づけられてる事が多いので当然と言えば当然なのかとも思えます。

では、ランニング動作における"しなやかさ"とは何なのでしょうか?

【しなやか】
①柔軟で、弾力に富んでいる様。よくしなうさま。

②動作・態度に角張ったところがなく、なよやかなさま。
(大辞林より)

柔らかいというのは皆さんもすぐ想像すると思います。
とはいえ柔軟性の高い人が皆しなやかな動きをしているのでしょうか?

そうでもないように思います。

弾力性を考えてみます。
適度な脂肪があり…柔らかい筋肉で…といった具合の表現はあくまで体型やその感触ですよね^^;
とすると、走行中の弾力性とは…ピョンピョン跳ねることでしょうか?

近いようでこれもまた少し違ってきます。

これはあくまで私個人の解釈ですが、しなやかさを追求していくと行き着く先は「ランニングエコノミー」の高さになります。

「バランスのとれた骨格であり、リラックスした状態の中で必要な時に必要な所の筋肉・腱がタイミング良く使われ、さらに身体の中心部から動作が始まっていく」

ただこの言葉を読んだだけでは理解が難しいかもしれませんが、私が言い表すならこんな感じです。

これは決して力を抜いて走れって言うわけではありません。
スピードを出せば出すほど力は必要になってきますが、力は筋肉が全てではない所がミソです。

ランニングエコノミーを高めていくには段階を経て動作を習得していかねばならず、一度や二度のレッスンで身につくものではないので難しいです。

ただ、今の時期だからこそ取り組める内容でもあります。

興味のある方はレッスンにて。

動きのしなやかさとは何か

(2016年5月14日(土) 17:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ