全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 姿勢はどれぐら...

姿勢はどれぐらいの期間で改善するか

ALL・ランニング塾の大石です。

たいした自慢にもならないのですが、私は以前からたまに"姿勢"が良いと誰かに褒められることがあります。

先日、ウルトラマラソンを走ってきたのですがその時にも、だいたい80km過ぎたあたりでしょうか…沿道で応援してくれてた人に「姿勢がいい〜」と褒められ(呟かれ?)ました。

元々姿勢の崩れてる人が、走り出した途端"シャキン"と正されることなんてないのは、容易に想像できますよね。

だから、走る以前にまず正しい立ち姿勢ができてないとならないわけです。

やれ体幹がどうだ、前傾がああだ、腕振りは…肩甲骨を… なんて言われても、元の状態が悪い中ではそれが本当にできてるのかどうかわからないでしょう。

そんな自分も、フィットネスの世界に入るまではろくに運動もしておらず、今と全く違う業種の仕事をしていましたので、身体は硬いし、姿勢も悪かったです。
猫背だったことをジムのスタッフに指摘されて初めて気づいたくらい、自分の身体の事なんて気にかけてませんでした。

自分で自分の身体の良し悪し客観的に知ることはなかなか難しいものですね。


では、そもそも姿勢とは何か…

それは、定義するなら

「重力に対する身体の適応状態」

です。

誰もが地球上に生活する以上重力を受けなければならず、切っても切り離せません。
座る、立つ、歩く、走るという人間の基本動作において、どれだけ重力に負担のかからない姿勢をつくれているかが良い姿勢となります。

もし仮にここが無重力だったら、どんなに背中が丸まっていようが、腰が反っていようが痛みを起こすことはないわけです。

では、自分の悪い箇所がわかったとして、そこを正しく直す為にどれだけの時間がかかるのか。

もちろん個人差があるのは当然ですが、私の経験上によれば

「3ヶ月から半年」で目に見えた変化が現れます。

巷には◯◯矯正とか、◯◯改善メソッドなるものが溢れていますが、身体の不調を感じてる方なんかは試したこともあるのではないでしょうか。

そのメソッドの中身はともかく、問題はどれだけ継続して続けられたかです。

走るとか好きな事にはいつでも一生懸命になるけど、筋肉をつける、柔軟性を高めるなど、自分の苦手な所を直そうとする作業はどうも継続しないですよね。

その理由のひとつには、すぐに効果を実感できないからだと思います。

トレーニングする事にみるみる変化が現れたら、モチベーションも上がって毎日のようにやるでしょう。

でも、すぐには直らないのです。

それは、今までず〜っとその悪い姿勢に手をつけず放置していたからです。

なので、今のレースがない時期は、時間をかけて自分の弱い所を直す期間でもあるといえるでしょう。
ただ走るだけが練習ではありません。

ここの生徒さんではありませんが私はたまに60分間ガッツリストレッチの施術をする時がいます。

その中の一人にバレエをやっている女性がいます。脚を上げる事に関しては勿論、前後開脚も難なくできるほど柔軟性は非常に高いのですが、相対的に筋力が低く、ストレッチを受けにくるたび、ここが痛い…あそこが痛い…と不調を訴えます。

だから、ただ筋力があるだけでも、柔軟性があるだけでも、ダメなんです。

何事もバランスが大切なのですね。
詳しくはレッスンで。

姿勢はどれぐらいの期間で改善するか

(2016年4月30日(土) 23:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ