全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 苦しさと楽しさ...

苦しさと楽しさの両立

ALL・ランニング塾の大石です。
4月に入り新社会人として働く人、職場の異動により新天地で働く人など多いのではないでしょうか。

新しい職場にも慣れたら、気候の良い春の時期は何か新しい趣味も始めたくなりますね。

とりわけスポーツは楽しみながらも健康増進に繋がるので、どの年代に対してもオススメです。

大人の習い事ランキングでも、「フィットネスクラブ」は男女共必ず上位に入っているようですし、スポーツではないけどヨガ・ピラティスは女性に大人気です。
もちろん、ランニングもブームを通り越し、文化になりつつあるほど。

でも人気でありながらも挫折しやすいというのが運動のパラドックス的な(?)所。

以前、私もここのブログに【続かないランニングを脱出する】というので書きましたが、ランニングを始める人が多い反面、半年も続かずに辞めてしまう人も多いのが実情です。

そして、これはフィットネスクラブでも同じ傾向があり、退会者のうちの半数以上が半年以内に辞めているというアンケート結果が出ています。

私はランニングコーチとしてというよりフィットネスのトレーナーとして、ランナーも含めた「痩せたい」「健康になりたい」「体力をつけたい」など目的をもつ若者から高齢者の幅広い世代を見てきていますが、続かない理由はほぼ共通しています。

その理由をシンプルにまとめると…

やっていても成果(変化)が感じられないから。

これに尽きます。

はっきり言って、市民ランナーの皆さんはよく故障をしますよね。(私も市民ランナーですが)それでもランニングを止めることなく、多少無理をしてでも大会に出ようとする方が沢山います。

でもこんな人達ほど、マラソンを辞めようとは思っていません。
悔しい思いをすれば「次こそはリベンジだ!」といってまた走りだします。

ランニング初心者からすれば、そこまでして走る人の気持ちは到底わからないかもしれません。

でも、初心者の人に言えることは、フルマラソンの醍醐味を知るどころか大会に出たこともないので、ランニングを通して得られる成果や報酬も乏しいのです。

別に大会に出るようにならなきゃ続かないというわけではありません。

私は仮に世の中からマラソン大会がなくなったとしても、教える仕事を辞めたとしても、ランニングをやり続けていると断言できます。

それは、大会だけでない楽しみ方を知っているから。
大会なんか出なくても、まだまだやりたいことが沢山あるんです。

初心者の方はフォームを習ったり練習メニューを教えてもらったりもすると思いますが、まずは今自分が走れる力量の中で楽しみに繋がることを見つけてみて下さい。

人によっては週2回のランニングを半年間継続させることさえ苦痛に感じるかもしれません。

でも、体力がついたり、体重が落ちたり、身体が変化していくにはある程度の"負荷"がかからないと反応を起こしてくれないのです。

チバちゃんの愛称で知られる千葉真子さんの言葉(造語)で

苦楽しい(くるたのしい)

という表現があります。
苦しいだけでは挫折してしまうし、楽しいだけでもいずれ飽きてしまう。また、簡単に手に入れられる楽しさはそれほど深く心に残ることもありません。

ランニングが途絶えがちなら人は、どうしたら継続ができるのかもコーチなどに相談してみると良いかもしれませんね。

苦しさと楽しさの両立

(2016年4月14日(木) 11:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ