全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室愛知 ランニングスクール スクールブログ 部活をどうしよ...

部活をどうしようかと思っている人へ

昨日も各地でレースがありましたね。
東海では四日市シティロードレースや三好池桜マラソンなどでしょうか。ランナーの皆さんお疲れ様でした。

今回は、新年度になり部活をどうしようか迷っている学生さんや子どもの部活が心配な親御さんに向けて陸上部のことを参考程度に書いていこうと思います。

・いいところ
体を鍛えられる。

我慢強くなる。

短距離(一部の中長距離)選手は体育祭で活躍できるかも。

練習時間が短い時がある。(例、長距離の試合前の調整はアップと1000m1本とダウンで終わることもある)

練習で努力したものが全て試合で結果となって自分に返ってくるため、やる気が出やすい。

野球、バスケのように相手チームの影響を受けないので、純粋に自分の競技力だけを競うことができる。つまり、自分の実力=試合の結果なので言い訳できないようになり、スポーツマンとして人格的に成長できる。

勝負の指標が時間や距離という絶対的なもので平等に評価されるので、野球のように審判の判定による影響をほとんど受けない。よって勝負に納得できる。

試合が分刻みのプログラムで一次招集、最終招集、スタート時刻があるので時間管理ができる人間になる。

試合当日まで身体の調子を整えなければならないので、自己管理能力が身につく。


・悪いところ
怪我のリスクがある。それは体育会系の部活なら全て同じですけどね。サッカー、ラグビーとかのように相手とぶつかるようなことはほとんどないですが、肉離れとかアキレス腱炎とかはありますね。

あと、長距離は駅伝があるので学校によっては3年生の2月とかまでやるようなところもあります。勉強と部活を両立できる人はいいですが、受験勉強だけに集中したい人は夏には引退させてもらえるか確認したほうがいいかもしれないですね。

すぐ思いついたものだけザッと書きましたが、顧問の先生によって部活の内容は変わります。なので参考程度に考えて頂けるといいと思います。

 

(2016年4月4日(月) 19:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

健康運動実践指導者資格あり!体の使いカや管理までしっかりとサポート

ランニングスクール
神田智文 (ランニング)

鶴舞・春田・蟹江・桑名・左京山・青塚・津島・佐屋・多度・藤が丘・星ヶ丘・名城公園・瑞...

ブログ記事 ページ先頭へ