全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ トレッドミル(...

トレッドミル(ランニングマシン)の利用方法

今年は夏が短く、8月の終わり頃から涼しくなってきました。
ランナーにはありがたいことです。

9月の上旬は台風や秋雨前線の影響で雨の日が多かったですね。
こんな雨の日はトレッドミル(ランニングマシン)を利用するのも良いトレーニング方法です。

トレッドミルは、スポーツジムにはほとんど設置されている機器ですが、公営のジムにも多く設置されている所も多く有ります。

このトレッドミル、私は余り好きでは無いです(笑)。
外で風を感じて、景色を楽しみながら走るほうが好きです。

ですのでトレッドミルで少しでも楽しくトレーニング出来る方法を考えました。

【傾斜をつける】
トレッドミルは足元のベルトが自動的に進み、ランナーはその上で走りますが、地面の上を走るのとは少し感覚が違います。

トレッドミルで地面を走る感覚に近づけるには傾斜を1~2%付けるのが良いと言われています。

この傾斜を3~5%にすると着地する足に重心をしっかりと乗せる練習になります。

更に傾斜を5~8%にすると坂道走に近い感覚になります。

【ペースを強制的にアップする】
ウォーミングアップが終わったら強制的にペースをしてゆきます。
たとえば1km走ったら時速を1km/hアップします。もちろん最初に上限を決めておきます。

5km走る予定で最高時速を12km/hとすると、時速8km/hからスタートし、1km走ったら時速9km/hにアップ、2km走ったら時速10/kmにアップ・・・、とアップしていきます。

【フォームを集中して意識する】
一般の道路を走ると前から来る人を避けたり、歩道の段差を気にしたりで、なかなか集中してフォームを意識することが出来ません。

その点トレッドミルで走ると自分の体の感覚を集中して意識することが出来ます。

姿勢、身体の使い方、着地したときの感覚を気にしながら、どうすれば楽に走れるかを試しながら走ることが出来ます。


ご自身でもトレッドミルの使い方を工夫して、雨の日でも充実したトレーニングをしてください。

 

(2015年9月18日(金) 14:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・川崎・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・学芸大学・田園調布・多...

ブログ記事 ページ先頭へ