全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ランニング はじめの一歩 スクールブログ 2015 Ir...

2015 Ironman Japan ラン編 後編

洞爺湖到着
13㎞
残り約30㎞

湖畔沿いのフラット道に入るとペースは4:20/㎞前後に安定
大腿部の痛みあるが、動きの主導権は既に自分にあった

湖畔に出ると、一旦左折して短い折り返しポイントを目指す
既に折り返してすれ違う選手をチェック
青ゼッケン(40−44)は目視で13人
このポイントを通過している選手がいたらカウント出来ていないが、おそらく自分は14番手(だと思っていた)

一人ずつ確実に捉える

折り返しポイントを通過
Garminは機能していないので、この時は自分のペースは掴めず
でも、確実に前を追う背中が大きくなってくる

ここからは湖畔沿いを反時計まわりにゴールへと向かう

ラン序盤で抜かれた外国勢をパスして進む

自分の動きが戻って安心したせいか、尿意で途中2度ほどストップ
猛者の中にはバイクやランの途中に処理してしまう方もいらっしゃるようですが…自分はまだそこまで出来るほどの大物ではないので…(^_^;

エイドも止まらずに行けばもっとタイムを稼げたのかもしれませんが、補給取らず…の42㎞はこの状態では無理でした

どこまで自分の動きがもつが分からないが不思議と不安はありませんでした
本来の動きとスピードが少しずつ戻り
いつものように流れる景色と心地よい心拍
自分の心が折れなければ必ず前を捉えることが出来る
すれ違いざまTさんがハイタッチしてくれた
一人じゃない
一人だけど、一人じゃない
ありがとう

一人一人、青ゼッケンをかわし
バイク後半で抜かれた選手は全て抜き去ったあたりで
フィニッシュゲート手前の折り返し
この時点で10番手(だと思っていた)
Sさん、そしてRさんがコースすぐ脇で応援してくれていた
空っぽだと思っていた身体に力がみなぎる
一人じゃない
背中を押す…力強いエール

まだだ
この苦しみも痛みも全部受け止めてやるから、全部、全部、力を出してくれ
明日のコトはいい
これからのこともいい
ありったけの力…全部出してくれ

自分の宿泊している宿の横を通過する際、芝生にバイクジャージを抜いて投げ捨てる…ゴメンな、後で必ず取りに来るから
少し…いや、かなり身体が軽くなった

エイドに止まっている時間を差し引くとおそらく4:00/㎞ぐらいのペースで動けていたのだと思う
再び元来た道を戻り折り返しポイントを目指す

路側帯寄りの狭いコースを進む
前を行く選手に「右…通ります!」と声をかけ抜いていく
一人、二人、遙か先にいたと思っていた青ゼッケンを抜かす
まだだ
まだ
事前情報で40−44は6つのスロットがあると聞いていた
もし手が届くなら
10か月…今日、この日のために積み上げてきた
一度は諦めていた思いが力をくれる
Kona…

あと二人
あと二人抜けば6番手だ…
再び折り返しポイントを周り
残り2㎞
既に水も受け付けなくなっていた
エイドは素通り
フォームが乱れてくる
もたせる…もってくれ…俺の脚

黒ユニフォーム
目標にしていた7番手の選手をかわす
あと一人
ゴールまで続く小石路面へと入った
残り1キロ弱

前を行く選手が見えない
それでもいい
必ずつかまえる

心臓が口から飛び出そうだ
脚が股関節からちぎれそうなほど痛い
苦しい
苦しい

でも、
まだだ
まだだ
あと一人
まだ見ぬ一人を抜いてやる
フィニッシュゲートが見えてきた
前を走る選手が一人
こちらに気付いて何か言っている
「俺、違うよ!45−49」
と言って、ピンクゼッケンを見せていた

関係ない
ゴールラインを越える最後の最後まで
全力で行くんだ

フィニッシュゲートへと続く芝生
目の前には選手はいない
ゴールゲートとゴールテープ
最後まで自分らしく
これは俺のレースだ

おぉぉぉぉおぉぉ!
叫ぶ
力の限り

ゴールテープを切った
”完走”だ
集中して消えていた周りの音が蘇る
脚がもつれて倒そうになる
踏んばれ

そのままゴールに向き直り
一礼
「ありがとうございました」

Run(42.2㎞)3:26:16

2015/08/23

2015 Ironman Japan  ラン編 後編

(2015年9月1日(火) 1:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現役トライアスリートで入賞歴有り!身体つくりから故障を防ぐケアまで伝授

ランニング はじめの一歩
木家勝之 (ランニング)

東京・信濃町・千駄ケ谷・竹橋・半蔵門

ブログ記事 ページ先頭へ