全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ランニング はじめの一歩 スクールブログ 2015 Ir...

2015 Ironman Japan ラン編 前編

旧大和小を後にして道路へ出る
ここでバイクジャージを脱ぎ忘れたことに気付く
汗をたっぷり含んだバイクジャージは重り以外の何物でもない
T2に戻るか…一瞬思ったが、今にも止まってしまいそうな脚の状態を考えると1mでも一歩でも進んだ道を無駄にしたくない

腰から下が別のモノが付いているかのよう
大腿部からの痺れが酷くジンジンと着地の度に痛む
今まで練習してきた…ハムと尻で逃がす動き…どころか大腿部が思うように動かせない
それでも体幹と体重移動、腕振りで前に身体を押し出す
バイクで抜いた外国勢に再び抜かれる
付いていきたくても脚が思うように動かない

だが、不思議とネガティブな思考にはならなかった
頭の中は大腿部からの鈍い痛みで余計なコトを考えられるほど回っていなかったようだ
至って、シンプルに考えていた
”必ず脚は戻る”
自分の動きが出来る…その時まで、今は耐えろ

おそらくペースは6:00/㎞ぐらいまで落ちていたと思う
端から見れば歩いているのと同じくらいだろう
それでも、
足が動くうちは絶対に歩かない
と決めて脚を運ぶ

2㎞から3㎞おきに設置してあるエイドには必ず立ち寄るようにした
既に持参しているジェルは口に含むだけで吐き気がするようになっていた
ランでは水分のみで行こう思い、エイドでは毎回止まり、レッドブル、バームクリアアップルを補給
スポンジを頭と腰、大腿部に当て身体と患部を冷やす

日差しが出て気温も上がってきた
濡れたバイクジャージが着地の度に左右に揺れ邪魔になる
エイドの度にボランティアに預けるか、捨ててしまおうかと思ったが…同じくらい大腿部からの痛みが頭の中を”占領”し始めていたので、少しでも意識が逸れるなら…とそのまま着て走ることに

3㎞弱を過ぎたあたりで未舗装区間に入る
事前にランコースは試走していたので覚悟はしていたが…
未舗装の登りは巨大な壁だ
皆、下を向いてフラフラしながら歩いている
ピッチを小刻みにして突っ込む
歩いているスピードと変わらないかもしれないが、”絶対に歩かない”と決めて、腕を振り深い前傾で何とか身体を運ぶ
2㎞ほど続く舗装区間はどの選手にとっても厳しい
自分も未だ四頭筋からハム・尻への切り替えがうまくいかない
今は耐えろ
体幹で腕振りで体重移動で…脚を前に前に…

何とか未舗装区間をクリアし、舗装道路に戻りしばらく進むとバイク序盤で登った湖畔までをつなぐ3㎞の下り区間に入った

ここで一瞬迷う
四頭筋のダメージを最小限に抑えるピッチ走法で走る

身体を前傾にしてスピードを乗せて突っ込むストライド走法


脚(大腿部)の感覚がまだ戻っていない以上、前者の走法ではダメージを抑えた動きが出来るかどうか分からない
そこで、一か八か、後者のストライド走法で行くことに
ヘタをすれば四頭筋のダメージに拍車がかかり最悪動けなくなるかも…
だけど、このまま大腿部痺れたままでは、本来の動きがいつ戻るかも分からない
これはチャンスだ!
大きく踏み出す
なるべく着地はフラットに…ハム、殿部、体幹で受け止め、衝撃はやや前傾にしている体重に上乗せして推進力に
ダッダッダッ…
下り始めて2㎞過ぎたあたりで
徐々にハムと殿部の張りを感じるようになってきた
…と同時に股関節からの動きが少しずつであるがスムーズに
可動域が広がってきた
イケる
脚が身体が、蘇ってきた
坂の後半
ペースは4:00/㎞前後

オカエリ
待っていたよ
脚は重いが力が入るようになってきた
自分のイメージ通り脚が動く
待たせやがって
行くぞ

2015 Ironman Japan  ラン編 前編

(2015年9月1日(火) 1:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現役トライアスリートで入賞歴有り!身体つくりから故障を防ぐケアまで伝授

ランニング はじめの一歩
木家勝之 (ランニング)

東京・信濃町・千駄ケ谷・竹橋・半蔵門

ブログ記事 ページ先頭へ