全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ランニング はじめの一歩 スクールブログ 2015 Ir...

2015 Ironman Japan バイク編 前編

バイクラックからバイクを取り、乗車エリアと向かう
事前にT1で自分のバイクラックと乗車エリアまでの動線を確認していたので落ち着いて移動できた
途中の応援で元気をもらう
スイムで結構やらかしてしまったので、タイムは1時間15〜20分くらいか…ここでタイムを見ると心が折れてしまいそうなのでGarminはチェックせず(実際は1:06:44)

今回のバイクコース…Ironmanバイクコース屈指のタフなコースとなったらしい(ニースに次ぐハードなコースだとか)
獲得標高2355m
※下りの寒さ対策として、トラウェアの上にバイクジャージとブレーカーを用意
特に100㎞過ぎてからの15㎞の登り(表ヤビツ級)と145㎞過ぎの20㎞のダラダラ登りがレース後半に控えている
練習不足、そして、今の自分には明らかに走力不足…誤魔化しのきかないコースだ
本来なら200㎞を淡々とこなせる走力+登坂能力…は必須
事前に用意しておいたのは、スプロケ11×28
パンクのリスクも考え、チューブ内にシーラント、予備チューブも2本用意
とにかく100㎞まで体力を温存し、坂を登り切ろう
バイク補給食は…
・パワーバージェル8個(バイクのボトル①に入れる)
・凌駕&ポカリ粉末(バイクのボトル②に入れる)
・水(かけ水用、バイクボトル③に入れる)
・パワーバー2個分(それぞれ短冊状に切り、キッチンペーパーで包む)
・塩熱サプリ&パワーバーブラスト(塩熱サプリとパワーバーブラストを挟みキッチンペーパーで包む)
エイドは必要最小限。補給食、水分等180㎞もたせられるようなつもりで用意
乗車エリアを過ぎてからシューズは既に履いているので、止まって落ち着いて片足ずつ確実にペダルにはめる
ここから180㎞の長旅だ

まずは湖畔沿いを反時計周りに25㎞ほど進むコース
唯一?の平坦貴重なコース
足慣らしには丁度良い
ケイデンスを100前後まで上げて、アップ含めまずは身体を温める
「ハム・尻、ハム・尻…」呪文のように心でつぶやく
これだけフラットなコースでこの時点ではほぼ無風だったため自重で回す程度でも35㎞/h前後出ている(25㎞地点までのアベは34㎞/h)
バイク序盤だからなのか…湖畔沿いはボトルや補給食がチラホラ道路に落ちていた
その中には何故かバナナも…これで滑ったら…笑い話にもならないなぁ…(^_^;
しかし、これだけの数になるとドラフティングしている連中は避けることが出来ないだろうな…などと要らぬ心配をしてしまう
湖畔の後半に入り、女性選手が脇をスッと上がってきた
マイッタナァ…女子にも抜かれてしまったか…
ロードで走る小柄な選手だが登り入るとグイグイと差が広がる
同じように外国人選手も数名、ものスゴい勢いで自分を抜いていく
これはキープレフトを意識しないといかんな…と思いつつ、自分はあくまでマイペースで
下りに入ると、再び先ほどの女性選手が見えてきた
どうやら体重差で下りは自分の方が速いようだ
ドラフティングにならないよう、前に出てキープレフト

25㎞過ぎて3㎞の急勾配に
事前の篠崎プロの話だと、ここが一番の斜度ではないか…とのことだった
インナーの出番
無理せずインナーローでクルクル回す
自分の中では勝手に
”この坂がクリア出来るのなら、きっと脚は最後までもつ!”
と思っていた
シッティングで脚への負担を最小限にしてケイデンス高めで登る
心拍は跳ね上がり160後半…さすがに練習不足が響く
笑え!
こんな時こそ、笑ってしまえ!
コーチの言葉を思い出す
カメラがこっちを向いていた
ピースしてこれでもか!ってぐらい笑ってやった
ここをクリアすれば必ず次に繋がる
何とか登り終え、脚の状態を確認
四頭筋に少し痺れがあるが、下りで脚を回していれば大丈夫だろう
まず1つめクリアだ
細かいアップダウンが続き
真狩村方面へと北上
50㎞地点
ここからは15㎞のダラダラ登り

ふと腕に付けているGarmin Forerunner910XTを見ると…画面が割れて液晶部部が黒くなっている?!
タイムが見られないどころかボタンが機能していない…ただの重たい時計じゃん…エイドで捨ててしまおうかとも思ったが、長年ずっと共にしてきたヤツなので、壊れていても最後まで一緒にいようと思いそのままにした

補給をどれだけ取れたが後になって響いてくる
食べられるうちに固形物、一定時間(距離)の間にジェル、水分を取らなくては…と思い、ここまでほぼ5㎞間隔で口の中に流し込む

昨年までのIM Japanのレースレポを見ると、ドラフティングが酷い…と聞いていたが、少なくとも自分の周りはほとんど見られなかった
自分はマイペースで周りから見れば置いていかれる側だったせいもあるので、自分の後ろに付かれることもなかった
もちろん、何度か”今、マーシャルが来たら注意うけるかも”と思われるような瞬間はあったが(下りでキープレフトが守られていないために抜くに抜けないとか、狭い道幅で前に出ずらい場面など)、大概の選手は自分を豪快に抜いていってくれた
昨年のKorea70.3の方が、ドラフティングは酷かったかな…あの時はドラフティングしないように集団の前に出なくてはいけなくてかなり脚を使ってしまったからなぁ
ダラダラ登りで時折くる斜度のキツイ場面では、遠慮無くインナーロー(インナー×28)を使う
ホント、このギアがなかったらとてもじゃないけど100㎞地点まで走れなかったと思う
おかげで四頭筋をほとんど使うことなく”ハム・尻”呪文の通り脚を温存することができた

80㎞過ぎの細かいアップダウン続くコースあたりで風が出てくる
ロードの選手は辛そうだ
ロードかTTか…という選択で悩んだ方もいるようだが、今回のコースで言えば、ロードは上りに強く下りではTTの方が早かった印象がある
※トータルで言えば、TTの方が良かったと思えるコースだった。TTバイクにドロップハンドルという組み合わせの方もいらっしゃったが、そんな選択もありかも

90㎞過ぎて脚の異変に気付く
どんなに温存していたつもりでも、少しずつ四頭筋にダメージが蓄積されていたようだ
大腿部の痺れ力が入りづらくなってきた…
あと10㎞で15㎞の今大会屈指の登りが待っているというのに…マズいなぁ
少しペースダウンして、登りに入る前に補給食(固形)を取っておく
エネルギーだけでも摂取しておこう
登りの手前で未舗装区間へと入る
川沿いを走り大きく反転すると、砂を敷いた区間が現れる
これがまるで海岸の砂にようにタイヤが深くめり込む
シクロクロスか?!
バイクコントロールを失って倒れそうになり反射的に左脚クリートを外して一瞬地面に足をつく
すぐに体勢を立て直してペダルに脚を戻す
砂地区間はニュートラルゾーンということもあるので、とにかくタイヤを持っていかれないように注意しながら進む
その後、後ろではガチャガチャとギアを変える音やペダルを外す音が聞こえていた
ギアをインナーに落としつつ、よっぽどのバイクコントロールのスキルがないとあそこはクリアするのが困難かも
その後、再び川沿いの砂利道区間を走るのだが、水溜まりがいくつかあり、路面の凹凸が見えなくなっていたらしい
私の前を走っていた選手の身体大きく跳ねて、空に何か跳んでいった?!
自分のすぐ目の前でガツン!と落ちてきたのはDHバーの先っぽ!
おそらくロードバイクの先にアタッチメントで付けておいたものだろうがカブトムシの角上のバーが勢いよく水溜まりに落下
たまたま自分が通った水溜まりには段差がなかったようだが…危なかった…
※後で聞いた話では、この未舗装区間でのパンク、落下物(DHバー、ボトル、肘当てなど)が多かったようだ

2015 Ironman Japan バイク編 前編

(2015年9月1日(火) 1:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現役トライアスリートで入賞歴有り!身体つくりから故障を防ぐケアまで伝授

ランニング はじめの一歩
木家勝之 (ランニング)

東京・信濃町・千駄ケ谷・竹橋・半蔵門

ブログ記事 ページ先頭へ