全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ランニング はじめの一歩 スクールブログ 夏場のトレーニ...

夏場のトレーニングを乗り切るために

ランナー、アスリートの皆さん
連日、猛暑が続いておりますね。
暑さに負けないくらい、日々のトレーニングを頑張っている方もいらっしゃることでしょう。

夏場のトレーニングでは、普段よりも心拍が上がりやすく、発汗量も多くなり、普段よりもパフォーマンスが落ちてしまうことがあります。
この時期は無理をしないこと。
これが大前提ですが、その上で、夏場のトレーニングを乗り切るために大切なことがいくつかあります。

・時間帯
暑さに慣れるために、日中、トレーニングされる方もいらっしゃるかと思いますが、翌日まで残るような疲労(脱水、日焼け等)となってしまうことが多々あります。
お勧めは、早朝、夕方。特に、早朝は一日の中で最も気温が低く、トレーニング後の時間もたっぷり使えるます。

・給水
驚くぐらい汗をかきますので、1時間以上運動される場合は、少なくともペットボトル1〜2本は用意しておいたほうがいいでしょう。水よりもスポーツドリンクの方が、身体の吸収も早いです。たっぷり汗をかいてアルコールを楽しみにされていらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、ビール等は利尿作用もありますので、まずは水(スポーツドリンク)で乾きを解消してからの方が美味しく飲めると思います。

・補給
塩タブレットやジェルなども定期的に補給しておくと、汗で失われた塩分や身体を動かす糖分が補う上でも有効です。普段から飲み慣れている(食べ慣れている)ものを用意しておくといいでしょう。

・服装
速乾性のTシャツ、日差しを遮るキャップ、アイウェア(サングラス)等も効果的です。

疲れを残さず、翌日も気持ち良く走れるようにしておきたいですね。

夏場のトレーニングを乗り切るために

(2015年8月2日(日) 23:45)

次の記事

この記事を書いたコーチ

現役トライアスリートで入賞歴有り!身体つくりから故障を防ぐケアまで伝授

ランニング はじめの一歩
木家勝之 (ランニング)

東京・信濃町・千駄ケ谷・竹橋・半蔵門

ブログ記事 ページ先頭へ