全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ 早朝ランニング

早朝ランニング

これから段々と暑くなり日中外で走ることが厳しくなってきます。

そんな状況でランナーはいろいろな方法で対応します。
1.走らない
2.トレッドミル(ランニングマシーン)で走る
3.朝の涼しい時間帯に走る
4.夜の涼しい時間帯に走る
5.木陰の多いところを走る(山や森林公園)

走らないのは勿体無いですよね。
是非、暑さを回避してランニングを続けて欲しいです。

今回のテーマは朝の涼しい時間帯に走る。つまり「早朝ランニング」です。

何時までを早朝と言うかはさて置き、真夏は朝の8時を過ぎると暑さで外を走るのが厳しくなります。

ですので30分程走りたい場合でも朝の7時過ぎには家を出て、
「ウォーミングアップ(ウォーキング又は軽いジョギング)→準備体操→ランニング→整理体操」
となります。

早朝走るメリットは幾つかあります。
・人、自転車、車が少ないので快適に走れる
・夏の朝は明るくなっているので夜のランニングに比べ安全
・朝独特の爽快感を味わえる
・朝走ると脂肪が燃焼されやすいと言われている
・朝早くから活動を始めるので一日を有効に使える

しかし私は早朝ランニングが苦手です。
何度かチャレンジしているのですが、習慣になっていません。

理由は幾つかあります。
・早起きが苦手
・朝は身体が動かないので走るのが辛い

メリットの方が遥かに大きいとは思うのですが。。。

最後に早朝ランニングの注意点です。
1.走る前に水分をしっかり補給する
   夏は寝ている間に汗をかくので起きた時点で脱水気味になっていることも
  あります。
   水分はしっかりとってから走ってください。

2.ペースは上げない
   朝は身体が動き難い状態です。身体が激しく動ける状態では無いので
  無理に動かすと身体に負担がかかったり、怪我をしてしまったりする
  可能性があります。
   早朝ランニングはゆっくり走ると割り切って走った方が良いです。

もう暫くして暑くなったら早朝ランニングにチャレンジしてみようと思います。

 

(2015年6月28日(日) 20:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・川崎・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・学芸大学・田園調布・多...

ブログ記事 ページ先頭へ