全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ 「痩せる」には...

「痩せる」には何をするのが良い?

「痩せなきゃ」とか「ダイエットしよう」と女性同士が話しているのを電車内で時々聞きます。

ダイエットの指標にするのが「体重」でしょう。
しかし「体重」だけを指標にするには注意が必要です。

「体重」は体内の水分量によって簡単に上下します。体内の水分量は「炭水化物(グリコーゲン)」の蓄積量が大きく関係します。

お米を沢山食べると一気に体重が増えるのは、お米がグリコーゲンになって体内に蓄積されるときに保有する水分が多くなるからです。

ですので「炭水化物抜きダイエット」は体重を減らす意味では理にかなっているのですが、本当に減らすべきは「体重」ではなく「脂肪」ですよね。

では「脂肪」のお話です。
体脂肪を1g消費するには7.2kcalのエネルギーを使います。
ですので1kgの脂肪を減らすには7200kcalを消費する必要があります。これは体重60kgの人が120km走る分のエネルギーと言われていますが実はもう少し複雑です。

ジョギング程度の軽い運動で消費されるエネルギーの元は、50%が「炭水化物(グリコーゲン)」、50%が「脂肪」です。

走るペースが速くなると「炭水化物(グリコーゲン)」がエネルギーとして使われる割合が増えて、短距離走では100%「炭水化物(グリコーゲン)」をエネルギーとして使われます。

ゆっくり走った方が「脂肪」燃えやすいと言われているのはこのような仕組みだからです。

「ではダイエットにはランニングよりウォーキングが良いの?」という疑問が出てくると思います。
もちろんウォーキングもダイエットに良いです。

しかし効率的なダイエットとしてはランニングに分があります。
運動による消費カロリーは「体重(kg) × 移動距離(km)」だからです。
ウォーキングは移動距離を稼ぐための時間がかかります。

つまり体重60kgの人が10km移動すると600Kcalのエネルギーを消費するのですが、これはウォーキングでは2時間程度かかり、ジョギングでは1時間ちょっとで済むということです。

キツイ運動は脂肪を消費し難い。軽い運動は脂肪消費に時間がかかる。
ですので効率的なダイエットに向いているのは「ゆっくりのランニング(ジョギング)」になるのですね。

ダイエットをしたい方は是非「修造ランニング教室」の体験レッスンをお申し込みください(笑)。

 

(2015年4月14日(火) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・田園調布・多摩川・元住吉・綱...

ブログ記事 ページ先頭へ