全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ ランニングソッ...

ランニングソックスについて

大きなスポーツショップのランニング用品売り場へ行くとランニングソックスのコーナーがあります。

初めてこのコーナーへ行く方は種類の多さと値段の高さに驚くかもしれません。

スポーツ用品メーカー、衣料品メーカー、名前を聞いたことがないメーカー等、様々なメーカーがランニングソックスを販売しています。

値段は1足500円~2500円位。日常で履くソックスが3足1000円で売られているのに比べると高いですね。
高い値段には理由があります。

【素材】
長時間履いても蒸れにくいように汗を吸収しやすく乾きやすい素材が使用されています。
【形状】
足の形にフィットする立体構造をしたものが多いです。5本指型は袋型より値段が高いです。
【サポート】
長時間ランニングを続けても足裏のアーチが落ち難いようにサポート機能が備わっています。
(足裏アーチが落ちると足裏のクッション機能が減り、疲れやすくなるといわれています)

値段が高いもの程、多くの機能をもっているのです。


では値段が高いソックスを買えば良いかと言われれば、そうとも限りません。
大事なのは「履き心地」と「シューズとの相性」になります。

ランニングソックスのタイプは大きく4つに分けられます。
袋型と5本指型、厚手と薄手、これらの組み合わせです。
 袋型の厚手
 袋型の薄手
 5本指型の厚手
 5本指型の薄手

袋型か5本指型かは個人の好みです。
5本指型の方がマメが出来難く、着地のときに地面を掴む感覚が良いと言われていますがこれも個人個人で違うと思います。

厚手か薄手かも個人の好みですが、シューズとの相性も関係します。
以前、このブログの「初心者向けランニングシューズの選び方」で「シューズを買いに行くときはランニングソックスを持っていきましょう」と書いたのはシューズとランニングソックスの相性が大事だからです。

私はレースでは5本指型の薄手を愛用しています。
サポート機能が充実した1500円位のソックスです。
フィット感が良く今までにこのソックスで自己ベストタイムを出した実績があります。
欠点としては値段が高いことに加え、厚手のものに比べ穴が開きやすい点です。
ですので普段の練習ではめったに履きません(笑)。

ゆっくりジョギングするときは袋型の厚手を履いたりします。
2年間の製品保証が付いている某メーカーの袋型の厚手ソックスは値段は高かったのですが本当に2年以上穴が開かず今でも使っています。
消耗品なのでコストパフォーマンスも大事です。

いろいろなランニングソックスを履いてご自身に合ったものを見つけてください。
自分に合ったランニングソックスはランニングを快適にしてくれますよ。

 

(2015年3月28日(土) 14:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・田園調布・多摩川・元住吉・綱...

ブログ記事 ページ先頭へ