サイタスポーツ教室ランニング教室北海道 やぎちゃんのランニング教室 スクールブログ 褐色脂肪細胞?

褐色脂肪細胞?

脂肪が燃える場所はどこでしょう?

答えは・・・


「筋肉」です。

脂肪は人のエネルギー源のひとつ。
脂肪を燃やしてエネルギーとなって筋肉が動きます。

だから脂肪が筋肉に変わるわけでは無い。

という事は極端に言うと筋肉が無いと脂肪は減らないわけで、逆に筋肉が多いと脂肪が使われる場所がたくさんあるからたくさん脂肪が減る事になります。

だから、関節などを守るためにも、走るためにも筋肉は大事ですが、体重をコントロールするためにも筋肉は重要なのです。

最近、褐色脂肪細胞というワードを良く耳にします。
どうもこの細胞が脂肪をエネルギーとして燃やしてくれるから褐色脂肪細胞をたくさん持っている人は太らないとか・・・

この細胞が肩甲骨と首あたりにあるからそこら辺をたくさん動かすと脂肪が燃えるだとか・・・

私の知っている範囲では、褐色脂肪細胞は人命にかかわるような状況になって初めて脂肪を燃やしてくれると聞いています。

例えば、低体温症になってしまいそうな時に人命を守るため。

また、0歳児の頃に体が冷えないようによく働いてくれていて、年齢が上がると共にあまり脂肪を燃やしてくれなくなると聞いています。


まあ、そんな褐色脂肪細胞に頼らず、筋肉をしっかりつけて、その筋肉をランニングで動かす事で脂肪は燃焼されます。

基本はスクワット・腹筋・ランニング! さあ、春です、がんばろう!

褐色脂肪細胞?

(2015年3月26日(木) 18:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

親しみやすさ抜群!本格的なラン~ダイエット・健康維持のジョギングも可

新着記事

2015年も秋を迎え、寒さが日に日に増してきます。 私が住んでいる北海道ではもうすでに雪が降りました。あと1カ月もすると雪が積もるのでしょうね。 北海道ではこれからがオフシーズン! 寒さと雪でどうしても外に出て走りづらい季節になります。その間に屋内で筋トレや体のメンテナンスをする事も...

10月11日(日)北海道の苫小牧にてハーフマラソンに出場してきました! この大会には初めて参加したので、不安がたくさんありましたが、問題無く参加する事ができました。 大会も規模もなかなかの大きさで、盛り上がっています。 ただこの日は天気が悪かったのが残念です。 朝方はそれほ...

2017年10月4日(日) 第40回の札幌マラソンが開催されました。 この大会はフルマラソンはありませんが、ハーフ、10k、5k、その他小学生の部やファンペアと言っていわゆる親子マラソンなどたくさんの種目があり、札幌市民はもちろん道内、道外の方にも広く親しまれている、参加者が14,000...

9月23日(水) 第24回ピパオイヘルシーロードレース兼第20回美唄市ハーフマラソンが行われ、出場してきました。 この大会に出場するのは初めてでしたが、ご縁があって美唄市の職員の方とも親交があり、今回出場してみようと申し込んでありました。 大会は車いすや2km、3km、5km、親子...

9月の北海道、今年は残暑も無く、北海道らしい気温の秋を迎えています。 マラソンランナーにとっては9月に入りシーズンイン! ここのところ北海道ではマラソン大会が乱立しています。 9月23日には札幌でマラソンリレー、美唄でハーフマラソン。 27日には旭川、ルスツ、網走、余市と4大会...

ブログ記事 ページ先頭へ