全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室北海道 からだ・よろこぶ☆姿勢改善ラン スクールブログ 競歩の速さ

競歩の速さ

先日、Gボール(バランスボール)レッスンでいつものことながら、「日常の姿勢や歩き方に活かしてくださいね!」と、声掛けついでに、目の前にいらっしゃった80歳代の方が、ランニング用のスパッツを姿勢よく格好よく、長い足で履きこなしていらっしゃったので、思わず・・日本の女性の方で(確か?)80、90歳代で100mの世界記録を更新して未だに現役の方もいらっしゃるので、横にご一緒に並べますね。。。と、一言添えると、その方から競歩の話が始まりそのまま、今日の話題は競歩へと移りました。

そして、その水曜日から引き続き、今日の夜はテレビで競歩の選手の話題が・・・
競歩は100m17秒台、日本の選手の活躍の話です。
(一般の方が走ってやっと横に並べるかどうかです。)

私も東京に住んでいた頃に、一般募集していた競歩の講習会に参加したことがあり、そして、最近でのオリンピックでもゴール直前で、日本人選手が失格になったニュースもありで、しばしば話題に上っていたので、どんどん話に入り込みました。

テレビでは、オリンピックで正式な距離・・・50km!!
競技中に選手が倒れ込む人続出!!!競技人口2000人程?!
以前から、フルマラソンより長い距離に過酷な競技と思っていたので、改めてテレビで取り上げられるのも当然かと思いましたが、日本のトップ選手はその競歩の魅力を伝えたい・・とのコメント!?素晴らしい!!!
(競歩のスタイルは見てて面白いので、面白い競技だな・・そこを見て欲しい。。とのこと。)

最後はその方の実際のフォームが正面から映りましたが、体幹と軸の安定感はブレがなく綺麗でした。

股関節の動きを効率よく引き出しているのが競歩なのだろうとずっと思っている私です。。

 

(2015年3月22日(日) 0:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

医療大学・介護施設など多くの場で指導歴あり。日本トライアスロン連合会員

ブログ記事 ページ先頭へ