全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ランニング Beginners スクールブログ エネルギー補給

エネルギー補給

「トレーニング中の水分補給は夏も冬も関係なく、しっかりとおこなうように」などは、常識的に
なっていますので今更お話するものではありませんよね。では、エネルギー補給はされていますか。フルマラソンを経験された方はわかると思いますが、お腹すきますよね。特にスタートから2時間を過ぎたあたりでパワーが出ないという経験ありませんか。立っていてもエネルギーは消費されます。そこで、質問をされるのが「いつエネルギー補給するのですか。」「大会当日の朝食は何を食べるといいのでしょうか。」という内容です。
個人差があるので正解は1つではありませんが、大会1週間前あたりから朝食に炭水化物を
少し多く摂取しておくことは必要でしょう。例えばパスタやマカロニ入のサラダなどを食べるなどは、比較的簡単にできるのではないでしょうか。
大会当日で、サブ3を狙っている方であれば、スタート20分ほど前に補給用のゼリーを食べておく、30km過ぎにもう1回補給するくらいで十分です。
サブ4を目指している方は、朝食で炭水化物とビタミン、糖質を少し多めにし直前(約30分前)にゼリーを食べておくと安心です。スタートしてから2時間経過で、ゼリー、バナナなど食べやすいものを食べておきましょう。地方の大会では、おにぎり・豚汁・うどん・だんご・フルーツ・チョコレートなど盛りだくさんの大会もあります。適量を食べて構いません。エネルギー不足は、完走できなくなるだけでなく、レース後の疲労回復にも影響します。注意してください。
「ダイエットがあるから控える」は間違えです。特に糖質は脳の働きで一番大切なものですから、運動中は積極的に摂取しておきましょう。
ロードレースシーズン真っ只中ですが、日頃のトレーニングの成果を出すだけでなく、現在の体の状態を知る機会でもあります。あまり気負わず楽しく、笑顔で走ってください。

 

(2015年2月18日(水) 14:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

県大会連続入賞、在学中は部の練習メニュー作成。怪我を避ける筋トレも伝授

ランニング Beginners
増野英和 (ランニング)

原宿・吉祥寺・武蔵小金井・新小金井・永福町・西永福・浜田山・用賀・光が丘

ブログ記事 ページ先頭へ