全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ 初心者ランナー...

初心者ランナーの注意点

ランニングの魅力の一つに手軽に始められることがあります。

玄関にあるスニーカーを履いて家を出ればランニングが出来ます。
ランニングシューズを購入すればより快適に走ることができるでしょう。

段々と走る距離が伸びれば達成感も大きくなります。
ペースを上げると爽快感も感じられます。

ランニングを続けていると身体が引き締まってくるでしょう。

良いことばかりのランニングですが注意点があります。
私が初心者だった頃にこの注意を怠った為、膝痛に悩まされた時期がありました。

初心者ランナーの方々の参考になれば幸いです。

1.ウォーキングかゆっくりジョグから始める
私がランニングを始めたのは三十代後半で「まだ若い」と思っていました(笑)。
ですのでランニングウエアで歩くのは格好悪いと思い、ウォーキングを敬遠していたのです。

ランニングのスピードも息が切れるまで上げていました。

当時の体重は90kg位あったので今考えれば無茶なことをしていました。


2.ウォーミングアップを行う
準備体操は家の中で行ってから外に出て走り始めていました。
(ウォーキングやゆっくりのジョギングで少し身体を温めてから準備体操を行うのが良いです)

ランニングを始めた当初は外で準備体操をするのが恥ずかしかったのです。
今では全く気にしないで外で準備体操を出来るのですが・・・。

思い出すと身体が温まる前にスピードを上げていたこともありました。
正しいウォーミングアップは大切です。


3.無理をしない
「今日は30分走る」と決めてスタートしたら膝が痛くなろうが無理してでも走りきっていました。
他にも「30分走る予定だったけど調子が良いので最長ランニング時間を更新しよう」とずるずる60分走った挙句、膝を痛めたことがあります。

チャレンジは大事ですが無謀なチャレンジは故障に繋がります。


4.走った後のケアをする
初心者の頃は走った後たまにストレッチをする程度でした。

今は、アイシング、セルフマッサージ、ストレッチはしっかり行います。
月に1~2回は治療院でメンテナンスをしてもらっています。


ランニングを始めるにあたって不安がある方は無料の体験レッスンにお申し込みください。
その方に合ったアドバイスをさせて頂きます。

 

(2015年2月11日(水) 15:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・田園調布・多摩川・元住吉・綱...

ブログ記事 ページ先頭へ