全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 体幹トレーニン...

体幹トレーニング事情

以前から体幹という言葉は日本のフィットネス業界の中で用いられていましたが、今年に入ってから体幹という言葉をあちこちから聞くようになりました。

私は3年前にジムでスタジオインストラクターをしてた時、コア(体幹)トレーニングのクラスをやっていました。その後サッカー界では長友選手の世界で活躍の背景に体幹トレーニング…という流行りも経て、個人的にはその時以来の体幹ブーム再燃なのかなと感じています。

今年に入ってからの一番のきっかけはやはり…「箱根駅伝」でしょう。

なぜ青山学院が常勝校を破り優勝できたのか。
色々と話題はあるでしょうけど、その一つにアディダス契約トレーナーの中野ジェームズ修一氏による指導のもと、昔ながらのトレーニング、ストレッチなどを廃止して体幹(コア)トレーニングや動的ストレッチを取り入れたと言われています。

(ちなみに中野ジェームズさんは私が持つフィットネス資格の団体のアドバイザーもされています)

その駅伝での話題をきっかけに、雑誌でもTarzanやNumber Doで体幹について特集されたものが1月に発売されていますね。

きっと、ランニング雑誌の愛読者なら気になって買った人も多いのでは??

また、ランニングに限らずヨガやピラティスでも体幹は意識しますし
、ダイエットでも一つのキーワードとされています。なので女性の間でも知られていることでしょう。

「体幹が大事」
「体幹を鍛えると良い」

コーチや先生などから良く言われているので、体幹が自分の求めるものにプラスの結果をもたらす「大切なトレーニング」なんだということは認識していると思うのですが…

以前から私がよく思うのは
"言葉だけが独り歩きしていて肝心なことが理解できていない"
ように思うのです。

身体の幹→中心→ブレない→固める…的な。

代表的なトレーニングといえば、フロントブリッジ(プランク)という地面にむかってつま先と前腕だけで身体を支える"アレ"かなと想像するのですが。

これ、ジムに限らずランナーの中でも屋外でやってる人をよく見ます。

このトレーニング自体悪いものではなく、私も教える事がありますが
そもそも" 体幹力"とは何かを知らずただ形だけ真似てやっている人、きっと多いんじゃないかと思います。

教わる側だけでなく教える側にも言えることなのかもしれませんが、ネットや雑誌などで見ただけのトレーニングは、パフォーマンスアップどころか根本を見落としてマイナスになる可能性すらあります。

先ほどもいった"体幹力"とは何か。

ブレないという胴体の硬さでしょうか?

ちょっと専門的な分野ですが今がまた流行っているので、ダイエット目的の人も、マラソンなどスポーツする人も、指導者も、体幹のあり方について考えてみる良い機会かなと思います。

思えば…骨盤、肩甲骨、インナーマッスル、など身体の流行りはどんどん変わっていきますね。

自分の身体のことに目を向けてもらえるのはフィットネストレーナーとしてとても嬉しいです。
ただ流行は時として誤解され、ねじれて違う方向へと進むことがあります。

取り組む前にまずは正しい理解から。
本気で身体を変えたいアナタを応援します^ ^

体幹トレーニング事情体幹トレーニング事情

(2015年2月10日(火) 22:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ