全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ ランニング大会...

ランニング大会の会場には、いつ到着すれば良いの?

初めてランニング大会に出る方は要領が分からず不安だと思います。
例えば「大会会場にはスタートの何分前に着いていれば良いの?」等。

全てがスムーズに流れれば30分前で大丈夫ですがランニングの大会では混雑するポイントがあります。

混雑ポイントと私の経験した待ち時間を列挙しました。
(1)送迎バスを待つ
 大会会場から最寄り駅までの距離がある場合、主催者が送迎バスを用意してくれます。
 送迎バスに乗るまでに時間がかかるケースがあります。
 20~30分待ったことがあります。
(2)会場へ入る
 大会会場の入り口が狭い、導線が良くない等の理由で会場に入るまでに時間がかかる
 ケースがあります。また米軍基地内で行われる大会は入場時にチェックがあったりして
 入場までに時間がかかります。
 米軍基地内の大会で入場までに30分程待ったことがあります。
(3)ゼッケン、計測チップを受け取る
 会場内のゼッケン、計測チップを受け取る場所が混んでる場合もあります。
 10分程度待ったことがあります。
(4)トイレに並ぶ
 大規模大会ではトイレ渋滞が必ず起きると思ってください。女性は特に注意が必要です。
 男性小便で30分程度待ったことがあります。
(5)荷物を「荷物預かり所」に預ける
 荷物預かり所が混雑している場合があります。
 10分程度待ったことがあります。
(6)スタート地点に並ぶ
 大規模な大会では待機場所からスタート地点までが離れていて、そこに行くまでが人で
 渋滞している場合があります。
 15分程度かかったことがあります。

多くのランナーはスタート1時間前に会場に到着するスケジュールで動いているので、この時間帯が混雑のピークになります。

私の経験では
・2時間前に会場に着いていれば安心。
・出来れば1時間半前には着いておきたい。
です。

タイムを気にしないなら30分前に着き、ゼッケン・計測チップを受け取り、急いで準備をして荷物を預け、スタートの最後尾に並べば大丈夫でしょう。その場合スタートして最初の数kmをゆっくり走ってウォーミングアップ代わりにし、コース脇で準備体操をして、トイレはコース途中のトイレを利用することになります。


1月11日(日)に「谷川真理ハーフマラソン」に出場してきました。
当日のタイムスケジュールを書き出したので参考にしてください。
※参加者が1万人を越える大規模な大会です
※自己ベスト記録を更新したい意気込みで臨みました
※ゼッケン、計測チップが事前に郵送され、当日受取りの必要がはありません
※駅から会場までは徒歩7分とパンフレットに記載されていました

8:26 赤羽岩淵駅(会場最寄り駅)到着、徒歩で会場へ
8:35 会場着、トイレ(大)に行く
     ※トイレは直ぐに入れました
8:55 荷物を置いてウォーミングアップ開始
     ※トイレの混み具合を注視しながらウォーミングアップしました
9:20 ウォーミングアップ完了、トイレ(小)に並ぶ
     ※トイレには列が出来ており10分ちょっと並びました
9:35 レース用のウエア、シューズに着替え
9:45 荷物を「荷物預かり所」に預ける
     ※荷物預かり所は混雑無く直ぐに預けられました
9:50 スタート地点に整列
10:00 スタート

時間が有ると思ってのんびりアップしたので、最後の方は少しバタバタしました(笑)。

レースは絶好の気候コンディションに恵まれ「1時間26分6秒」の自己ベスト記録が出ました。

ランニング大会の会場には、いつ到着すれば良いの?

(2015年1月13日(火) 10:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・川崎・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・学芸大学・田園調布・多...

ブログ記事 ページ先頭へ