全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 修造ランニング教室 スクールブログ ランニングが続...

ランニングが続かないのは意思が弱いから?(3)

ランニング好きな人でも「今日は絶好のランニング日和なんだけど外に出るのが億劫だな~」という日があります。

そんな日の為に「この動作をすると自然にランニングを始められる」という「スイッチ」を自分の中で作っておくと良いです。

ランニングを続けるためのポイント3つめは
「ランニングに入るスイッチを作る」です。

このスイッチは自分で作り上げるものなので、ちょっと努力が必要ですが。

私の場合は「ランニングウエアを着てしまう」がランニングスイッチです。

①部屋の暖房を入れる(冬の場合)
②今日着るランニングウエアを決めて目の前に並べる
③着ている服を脱ぐぎ、ランニングウエアを着る
④ランニングウオッチ、心拍系ベルトを付ける
⑤玄関に向かいランニングシューズを履く
⑥外にでる

この一連の動きが身体に染み付いてますので「ちょっと寒そうだな」と思ってもランニングウエアに着替えてしまうと自然に玄関に行ってランニングシューズを履き外へ出られます。

時々ですが、ランニングウエアに着替える気がしない位にテンションが低い日もあります。
そんな日は「ランニング準備スイッチ」を用います。

「ランニング準備スイッチ」とはランニングへの気分を盛り上げる「スイッチ」です。

私は録画したマラソンや駅伝の番組を見ることを「ランニング準備スイッチ」にしています。スポーツドキュメント番組も気持ちを高ぶらせてくれます。
お気に入りのアーチストの曲を聴いたりプロモーションビデオを見るのもテンションが上がりますよ。

ですので、テンションが低いときは
①ランニング準備スイッチを入れる(テンションを上げる)
②部屋の暖房を入れる(冬の場合)
③今日着るランニングウエアを決めて目の前に並べる
④着ている服を脱ぐぎ、ランニングウエアを着る
⑤ランニングウオッチ、心拍系ベルトを付ける
⑥玄関に向かいランニングシューズを履く
⑦外にでる
となります。

以上を参考に、是非ご自分のランニングスイッチを作り上げてください。

次回は長期的なモチベーション維持する工夫をご紹介します。

続きは次回に。

 

(2014年12月19日(金) 11:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・田園調布・多摩川・元住吉・綱...

ブログ記事 ページ先頭へ