サイタスポーツ教室ランニング教室北海道 やぎちゃんのランニング教室 スクールブログ 最大酸素摂取量...

最大酸素摂取量(VO2max)を測ろう!

最大酸素摂取量(VO2max)って何ですか?

この質問に対して、私はいつもこう答えています。
「どれだけ多くの酸素を使う事ができるか、使う能力があるかを見る指標です。」

一般的には持久力の指標となっていますが、健康指標としても使用されてます。
つまり、この値が低い事は イコール 「運動不足」と言えるからです。

なぜならば、酸素を使う場所はどこでしょう?

酸素は筋肉で使われます。

筋肉で使われてエネルギーを作って、筋肉を動かし、体を動かしているのです。
酸素摂取量が少ないと言う事は直接筋肉の量が少ないと言うい事が推測されます。

肺に取り込んだ酸素を体中に送り込んでも使ってくれる筋肉の量が少ないと

酸素は十分に活躍できずに終わってしまい、その為何度も何度も繰り返し酸素を体中に一生懸命送ってあげないといけなくなるので、脈拍数が高くなります。


このように健康指標としても重要な指標のため、多くの運動施設では最大酸素摂取量を測定、あるいは推定値を測定できるようになっているはずです。

機会と機械が身近にあったら測定してみてください。
評価基準は体重当たりの測定値で判断します。最大酸素摂取量は体が大きい人ほど大きい値になるので、体重1kg値で評価します。

一般的には40ml/㎏/分 前後、持久力の高いマラソン選手やクロスカントリー選手などになると70~80ml/㎏/分になる場合もあります。

筋肉をしっかりとつけ、活性化させて持久的なトレーニングを行う事が最大酸素摂取量を増大させるポイントです。

トレーニング成果の指標として、この最大酸素摂取量を測定してみて、ランニングトレーニングのモチベーションや目標にしてみてはいかがでしょうか。


最大酸素摂取量(VO2max)を測ろう!

(2014年12月15日(月) 10:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

親しみやすさ抜群!本格的なラン~ダイエット・健康維持のジョギングも可

新着記事

2015年も秋を迎え、寒さが日に日に増してきます。 私が住んでいる北海道ではもうすでに雪が降りました。あと1カ月もすると雪が積もるのでしょうね。 北海道ではこれからがオフシーズン! 寒さと雪でどうしても外に出て走りづらい季節になります。その間に屋内で筋トレや体のメンテナンスをする事も...

10月11日(日)北海道の苫小牧にてハーフマラソンに出場してきました! この大会には初めて参加したので、不安がたくさんありましたが、問題無く参加する事ができました。 大会も規模もなかなかの大きさで、盛り上がっています。 ただこの日は天気が悪かったのが残念です。 朝方はそれほ...

2017年10月4日(日) 第40回の札幌マラソンが開催されました。 この大会はフルマラソンはありませんが、ハーフ、10k、5k、その他小学生の部やファンペアと言っていわゆる親子マラソンなどたくさんの種目があり、札幌市民はもちろん道内、道外の方にも広く親しまれている、参加者が14,000...

9月23日(水) 第24回ピパオイヘルシーロードレース兼第20回美唄市ハーフマラソンが行われ、出場してきました。 この大会に出場するのは初めてでしたが、ご縁があって美唄市の職員の方とも親交があり、今回出場してみようと申し込んでありました。 大会は車いすや2km、3km、5km、親子...

9月の北海道、今年は残暑も無く、北海道らしい気温の秋を迎えています。 マラソンランナーにとっては9月に入りシーズンイン! ここのところ北海道ではマラソン大会が乱立しています。 9月23日には札幌でマラソンリレー、美唄でハーフマラソン。 27日には旭川、ルスツ、網走、余市と4大会...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ