全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室千葉 波乗りスナフキンのランニング教室 スクールブログ 焼きそばパン&...

焼きそばパン&豆乳♪

皆さんこんにちは!

江野澤です。

今日は焼きそばパンを食べ豆乳を飲みました♪

昨日はサーフィンのジャッジ資格の更新の為、お茶の水の連合会館まで講習を受けに行って来ました。

行き帰りの電車の中で以前ブログで紹介した「死ぬまでに走りたい100の大会」という本を読んでいたのですが、金メダリストの高橋尚子さんがいろいろな大会をテーマに話をされている記事が掲載されていてその中でもシドニーオリンピックの記事が印象的だったので少し書きたいと思います。

「すごく楽しい42kmでした」とはシドニーオリンピックのレース後の高橋尚子さんの言葉ですが、
本の記事の高橋さんの言葉を読んでいて「オリンピックを『楽しめた』と言うと、楽しむなんて何ごとだって怒られたりするじゃないですか。あれは誤解があると思うんですね。」という記事を読んで一人電車の中で笑ってしまいました。
一流の高橋尚子さんだから出てくる言葉だと思います。
オリンピックの控え室で張り詰めた緊張感の中ちょっとした物音で全員が振り向いたり、部屋の隅っこでじっと動かず自分の世界に入り込む選手もいる中、高橋さんは音楽を聴いて踊っていたそうです。

現在は解説者やゲストランナーとして活躍されている高橋さんですがゲストとして招かれた大会では市民ランナーの方からレース中に「Qちゃん、この景色キレイだから一緒に写真撮ろう」、「あそこのソフトクリームは美味しいから一緒に食べていかない?」とか言われるらしいです。

いろいろな楽しみ方があるのも走る魅力です。
楽しむ事は基本中の基本だと私は思っています。
楽しむ事を忘れずに楽しみながら走りましょう!

焼きそばパン&豆乳♪焼きそばパン&豆乳♪

(2014年12月1日(月) 13:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サーフィン、キックボクシング他、筋金入りのスポーツマン。資格多数で安心

ブログ記事 ページ先頭へ