全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室岡山 週1から始めるランニング スクールブログ 予防から対策へ...

予防から対策へ。

こんにちは。ランニングアドバイザーの府木です。


前回、インフルエンザや風邪の「予防」に関するお話をさせて頂きました。


しかし、どんなに予防を心掛けていても病気になってしまうこともあります。


さて本日はインフルエンザの症状に関し、風邪と比較をしながらお話をさせて頂きます。


インフルエンザと風邪は、ともに上気道(鼻やのど)がウィルスの感染によって起こる病気です。


インフルエンザの原因は、インフルエンザウィルスが原因となります。
(このウィルスは湿度に非常に弱いという性質があります。)


また風邪の原因となるウイルスはインフルエンザウィルスと種類が異なります。


春や秋にはライノウイルス。冬にはコロナウイルスが。鼻水やのどの痛み、咳などの症状を引き起こします。


通常の風邪はのどや鼻に症状が現れるのに対し、


インフルエンザは急に38~40度の高熱がでるのが特徴です。さらに、倦怠感・筋肉痛・関節痛などの全身症状も強く、これらの激しい症状は通常5日間ほど続きます。また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、インフルエンザ脳症や肺炎など、重い合併症を起こしやすいことも風邪とは異なる点です。


特に体力のない高齢者の方。乳幼児などは命にかかわることもあります。


運動を行うとカラダに対し、ストレスを与えてしまいます。そのため3時間ぐらいはどんなに元気な人でも免疫力が一時的に下がり病気に感染する危険性が高い状態となっています。


インフルエンザの流行期間は、12月から3月です。予防接種でうつワクチンの効果は3ヶ月ぐらいです。効果の持続期間なども考慮に入れて頂きながら、しっかりとできる事をして頂ければと想います。


体調を崩しては運動どころではありません。


まずはしっかりと体調を整えてから運動しましょう。

 

(2014年11月15日(土) 11:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

初心者~トップアスリートまで、気さくな指導が好評!無理なくスタートOK

ブログ記事 ページ先頭へ