全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室北海道 からだ・よろこぶ☆姿勢改善ラン スクールブログ 昨日の嬉しかっ...

昨日の嬉しかったこと~Gボール演技(バランスボールでの受賞)~

昨日の帰り道は車の中で、涙をこらえた一人泣きでした。

札幌に帰って来てから、メディカルフィットネス分野で、Gボール(バランスボール)の普及を続けてきて、身体にも心にもGボールの良さを感じる度、1人でも多くの人に知ってもらいたい、共有してもらいたいと、ボールのエクササイズプログラムと演技発表を北海道では、一人で始めてから14年経ちました。

ここ数年では、大人の方と、子どもたちとも、障害を持っている人たちとも、様々なステージ発表も出来るようになってきて嬉しいこともあり、度々、幸せな時間を過ごしてきました。

しかし、この14年間の日々の中で、自分が信じてやっていることも、”それの何が良いか分からない”と、”独りよがり”のように言われてきたこともあります。

そんなつらい日々を払拭してしまう位、昨日は嬉しいことがありました。

昨日は北海道の体操フェスティバルでした。
(この体操発表会の先は、日本体操祭・・・4年に1度の世界体操祭とオリンピックのように壮大な発表会として続いています。)

『健康』の為に、行っている日頃の体操の発表会が北海道でも始まって7年・・・
昨年はボールの全国大会が重なって参加出来ず、2年ぶりの参加となったのですが、昨日の発表に至るまでに、凄く悩み、葛藤がありました。

Gボールの発表はまだ北海道では、私のチームしか存在しません。
でも、全国、世界に目を向けてみると・・こんなにも沢山の人に親しまれているのか・・と、私もその場その場にいたい気持ちでいっぱいになるくらい存在しています。

だからこそ、このボールでの体操は、本当に心身をより豊かにしてくれることを北海道の沢山の人に知ってもらいたい気持ちが強く、ただ発表をみて貰いたいだけではなく、「ご一緒にやってみませんか?」と思っているのです。

昨日の体操フェスティバルは発表の順位づけはありません。
ただ、数年前から特別賞が3つだされるようになり、今年は更に奨励賞が2つ追加されました。
正直、参加するたび、どれだけ評価して頂いているのだろう?特別賞を受賞するチームをみては、私たちのチームはいつまで経っても難しいな・・・と思っていました。

しかしながら、今回は違っていました。
31チーム中の4チームまでが発表され、最後の奨励賞の1チームは・・!?
私たちのチームの名前が呼ばれたのです!!正に、賞の名の通り、励ましの賞を頂けたのです。

閉会式終了直後、その会場で審査頂いた方々に、子どもたち4人と御礼を言いに行きました。

「他の人がやっていないことをしていることは、大変なことでしょう。
素晴らしいことです!ぜひ、続けてください。」
「簡単そうに見えるけど、いや、実際は相当難しいことをやっているのを、そう見えるように演技していたのはすごいことだと思いますよ。ぜひ、また来年参加してください。」
「来年は体験コーナーをつくってみてもいいですね!」
「ぜひ、広めてください。」等々・・

私が、今まで感じて欲しかったことを全部言って頂いた気持ちがして感激でした!!
「有難うございます!今後の励みになります!!」

実際、私がボールのインストラクターを始めたきっかけは、初めて体験した日に7年間続いていた腰痛がその場でなくなったことから始まりました。
続ければ続けるほど、姿勢がよくなる→自分の身体をメンテナンス出来ること、体幹トレーニングで身体のブレが少なくなること、深層筋(身体の中から隅々まで)鍛えられること、冬場でも有酸素運動としての運動量を確保出来ること、心が解放されること・・
更にはトレーニングの幅が広がる新しい可能性があり、発見出来ること、等々。。
で、やめられなくなりました。

そして、よく報告している夏場の洞爺湖の泳ぎの成果までも、殆んどは日頃のボールのトレーニングの御陰で毎年、好結果です。

ランナーの皆様にはランの為の意外なボールの使い方で
「ホント、これはランに役立つね!」と、驚いて欲しいです。
(とは言っても、ここでは想像つきませんね。。すみません。。)

そんな昨日の帰りは、子どもたちと『びっくりドンキーのパフェ』で乾杯して帰りました。

☆自分でより良くを試し、その自分を信じること・・・☆




 

(2014年11月10日(月) 22:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

医療大学・介護施設など多くの場で指導歴あり。日本トライアスロン連合会員

ブログ記事 ページ先頭へ