サイタスポーツ教室ランニング教室京都 ランニング教室・走塾 スクールブログ スピードにつな...

スピードにつなげるトレーニング

スピードの基本は大きな力(パワーではなく筋力)を発揮できる筋肉が必要です。

ですから筋肉つくりがスピードのための第一段階になります。

性能がいい大きなエンジンを搭載するということです。


でもこれだけですぐにスピードが向上するわけではありません。

筋力を動作スピードに結びつける必要があります。

そのために生理学的戦略が必要です。


スポーツ競技は全て少ない時間で加速のために必要な大きな力を発揮しないといけません。

出来なければ最大筋力が高くても意味がありません。

ココで失敗した人は 筋トレをすると動きが遅くなる と言う間違った知識をもってしまいます。


筋トレが悪いのではなく 方法が悪いのです。

筋力発揮速度を高めるためにジャンプトレーニングやクイックリフトが効果的です。


簡単に言えば スクワットで イチニッ! イチニッ! と上げているだけでは筋力は強くなっても

スピードには結びつきません。

スクワットの後にジャンプトレーニングをする、ダッシュをすることが必要なんです。


もっとレベルが上がれば スクワットのあと ハイクリーンをしてジャンプしてからダッシュ・・ですね。


この効果は 

中枢神経が速筋線維を優先的にさらに同調的に動員するようになるためな

んです。

ですから最大筋力を高めるためのトレーニングと筋力発揮速度を高めるトレーニングを複合

して効果的に動作スピードが向上させましょう。





 

(2014年10月28日(火) 23:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全日本実業団選手権に出場。ランニング学会認定ランニングコーチ

新着記事

走るというのは、重心を移動させる動作です。 速く走る為には、筋肉と骨格から作られる物理的な力の連動が 伝達されて行かなければなりません。 その為には姿勢が重要になってくるのです。 姿勢を作る時にまず大事なのは軸がまっすぐに保たれているかどうかです。 どちらかの肩が落ちてい...

トレーニング効果の獲得速度ってご存知ですか? 平たく言えば 一つの練習をして効果が早く高まる部分と高まり方が遅い部分があるということです。 その結果、ケガ、故障が発生することがあります。 どういうことかといいますと・・ トレーニング効果は 臓器系と呼...

標記の質問がHPからされておりましたのでここでお答えします。 「長距離走にはバウンディング練習が必要か?」ということだと 判断します。 バウンディングとは陸上のでは短距離や跳躍、投擲の選手がよく 実施する練習です。 ※瞬発力を発揮するすべて...

世界選手権が開催中なのは陸上だけでなく 柔道も世界選手権開催期間中でさらにはバレーボールも ワールドカップ開催中ですね。 世界陸上では200mで大会最年少の出場者が日本代表で 準決勝に進出、またその200mで日本代表の3人が全員準決勝に 進という快挙がありま...

走るというのは、重心を移動させる動作です。 速く走る為には、筋肉と骨格から作られる物理的な力の連動が 伝達されて行かなければなりません。 その為には姿勢が重要になってくるのです。 姿勢を作る時にまず大事なのは軸がまっすぐに保たれているかどうかです。 どちらかの肩が落ちてい...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ