全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室京都 ランニング教室・走塾 スクールブログ スピードにつな...

スピードにつなげるトレーニング

スピードの基本は大きな力(パワーではなく筋力)を発揮できる筋肉が必要です。

ですから筋肉つくりがスピードのための第一段階になります。

性能がいい大きなエンジンを搭載するということです。


でもこれだけですぐにスピードが向上するわけではありません。

筋力を動作スピードに結びつける必要があります。

そのために生理学的戦略が必要です。


スポーツ競技は全て少ない時間で加速のために必要な大きな力を発揮しないといけません。

出来なければ最大筋力が高くても意味がありません。

ココで失敗した人は 筋トレをすると動きが遅くなる と言う間違った知識をもってしまいます。


筋トレが悪いのではなく 方法が悪いのです。

筋力発揮速度を高めるためにジャンプトレーニングやクイックリフトが効果的です。


簡単に言えば スクワットで イチニッ! イチニッ! と上げているだけでは筋力は強くなっても

スピードには結びつきません。

スクワットの後にジャンプトレーニングをする、ダッシュをすることが必要なんです。


もっとレベルが上がれば スクワットのあと ハイクリーンをしてジャンプしてからダッシュ・・ですね。


この効果は 

中枢神経が速筋線維を優先的にさらに同調的に動員するようになるためな

んです。

ですから最大筋力を高めるためのトレーニングと筋力発揮速度を高めるトレーニングを複合

して効果的に動作スピードが向上させましょう。





 

(2014年10月28日(火) 23:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全日本実業団選手権に出場。ランニング学会認定ランニングコーチ

ランニング教室・走塾
澁谷和久 (ランニング)

貴生川・彦根・南草津・京都・西京極

ブログ記事 ページ先頭へ