サイタスポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 東京マラソン2...

東京マラソン2015

先日、東京マラソンの一般抽選の結果発表がありました。

皆さんは応募されましたか?

「もはや当たる気がしない」とか「落選も4回目となると慣れっこ」とか
「8回、9回連続落選…」など周りから囁かれる中、

私は…


【当選】してしまいましたm(_ _)m

応募しはじめた2012年から通算で

2012…○初フルマラソン
2013…×
2014…◯
2015…◯

3回目となり、去年に続き連続出場となります。

正直、今回の当選を知った時は、喜びが大きかったのは間違いないですが、
「本当に当たったんだよな…︎」
と当選メールを後から何度も見返すほど気になってしまいました。

もう今年の運をこれで使い切ってしまった感すらあります^^;

これから何が起こるのやら…

フルマラソンの倍率は10.7倍で、過去最高とのこと。

今年は応募者数が30万4825人で去年より2000人近く増加し、さらに"準エリート枠"が新設されたために一般枠が1000人分減ってしまった事が倍率増加に繋がっているそうです。

1000人分の枠があったら当たってたかもしれないのに…

そう思う方も多いのではないでしょうか…。

この準エリート枠の賛否はともかく、少なくとも2020年の東京オリンピックまでは東京マラソンの人気も衰えない気がします。

今、ボランティアでさえ争奪戦です。

東京とはいえ、ボランティアまでがなぜ人気?と思うかもしれません。

でもマラソン好きな人ならすぐ想像つくと思いますが、

東京マラソンは"ワールドマラソンメジャーズ"の一つであり、世界のシティマラソンでもあります。
(他に、ボストン、ロンドン、シカゴ、ニューヨーク、ベルリン)

沿道で応援するよりも何より近くでランナーを応援でき、そして世界のトップランナーを間近で見れるのがボランティアさんですから。
(例えば給水所)

実際にはビッグサイトでのEXPOの仕事が人気とも聞きますが。


このままいくと記念すべきオリンピックの年にはいったいどうなるのでしょう。

後々で寄付金控除ができると知れ渡りにわかに話題になってるチャリティー枠ですが、これすら早々に埋まってしまうのでしょうか。

ランナーとしては走れるのが一番ですが、観る、応援する、などいろんな形で楽しめるのが東京マラソンかなと思います。

だから人気なのでしょう。
コースなんていつも足を運んで見慣れている都内ですからね(笑)

今まで応募すらしなかった人も、ぜひ東京マラソンを一度は走ってみて下さい。
つまんなかった…という人は少なくとも私の周りにはいません。

東京マラソン2015

(2014年9月30日(火) 6:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

新着記事

ALL・ランニング塾の大石です。 2016年も残り一か月となりました。マラソンも秋の大きなレースが続々と開催され、その結果から冬の大会に向けて練習に励む方も多いようですね。 私も秋はロード・トレイルといくつか大会に出ましたが、⒒月はさいたま国際マラソンに出ました。生徒さんや知り合い...

パーソナルトレーナーの大石です。 秋はレースシーズンでもありますが、私は9月から久々にあるお客様のダイエット指導をしています。 (もちろんサイタではありません) ランナーの皆さんからすれば、「痩せるには有酸素運動」ということは当然に思ってますし、実践者でもありますよね。 体型の...

ALL・ランニング塾の大石です。 秋に入り、またレースシーズンとなりましたね。 私はシーズンオフがほぼなく、2016年になって大会に出ていない月は5月と8月だけでした。 突然ですが、皆さんが大会のエントリーで良く使ってるランネット(アールビーズ社)の調査によれば、ランニングを...

ALL・ランニング塾の大石です。 オリンピックも終わり、今度はパラリンピックが始まりますね。 オリンピックの興奮、感動を力に練習に励みたい所ですが(マラソンは惨敗ですが…)夏の暑さ、先週末からの台風…とランナーにとっては練習が思うようにいかない時期かもしれません。 10月、11月...

ALL・ランニング塾の大石です。 日頃、生徒さん達とはあまりじっくりお話する機会も少ないので、今回は8月から一般エントリーの始まる「東京マラソン」を初心者の方に向けて私見も交えながら伝えてみようと思います。 先に断っておきますが、私は東京マラソン財団のまわし者でも何でもありません(...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ランニングレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ