全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室北海道 やぎちゃんのランニング教室 スクールブログ ランニング・ハ...

ランニング・ハイの使い方?・・・

ランニング・ハイ 

走る事に興味がある方であれば何の事か知っている人も多いと思いますが、
走ることでハイな気分になる、気分が高揚する。このような状態を言います。

でも、誰でも体験できるものではありません。

特に初心者の方は走り始めて最初のころは苦しさや辛さを感じるところで終わってしまうかもしれません。

トレーニングで走り始めると、まず誰でも運動と呼吸と心拍数が一致しないので、苦しさや辛さを感じるものです。

しかし、しばらくすると運動のリズムと呼吸や心拍数が合ってきて、走りやすくなります。
苦しくなくなる・・・楽に走れるようになる・・・いろいろな表現がありますが、

これを「セカンドウィンド」と言います。

僕の場合、2kmから3km走ったところあたりでセカンドウィンドに入る感覚があります。

そのまましばらく走り続けると、不思議といつまでも走れるような感覚になる事があります。
体は動くし、呼吸も苦しくなく、とても楽に走れる状態です。

この時すでにランニングハイの状態に入っていると言われます。
ある程度の長距離を走っていると疲れるものですし、苦しいはずです。
その苦しいという気持ちを、気持ちいいと感じさせるような不思議な働きが脳にはあるそうです。

ランニングハイの状態に入ると、テンションが高い事が多いです。

ですので、良くこの状態を利用して仕事をした事があります。
気分を高めて、テンションをあげて仕事に取り組まなければならないときなんかには
良く使っていました。

仕事の前にある程度走るのです。

うまく使うと効果があります。使用方法を間違えないように、上手に使いましょう。

この「ランニングハイ」や「セカンドウィンド」

ある程度トレーニングをすると経験できるようになります。
一緒に走って体験してみませんか?

体験のお申込みお待ちしています。

ランニング・ハイの使い方?・・・

(2014年9月30日(火) 0:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

親しみやすさ抜群!本格的なラン~ダイエット・健康維持のジョギングも可

やぎちゃんのランニング教室
柳沼浩 (ランニング)

発寒・発寒中央・琴似・桑園・札幌・宮の沢・発寒南・中島公園

ブログ記事 ページ先頭へ