全国5万人が受講している「サイタ」

ランニング教室・マラソントレーニング

ランニング教室・マラソントレーニングを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ランニング教室東京 ALL・ランニング塾 スクールブログ 富士登山競走に...

富士登山競走にみるランナーの姿

マラソンのシーズンはもうとっくに終わっていて、メジャーなレースに向けて調整してるとすれば北海道マラソンくらいでしょうか。

私は少しだけ自分のトレーニングに時間をさいてきて、先日「富士登山競走」に出場してきました。

昔は初めてでも山頂コースを走れたようですが、ルールが変わり、今はまず五合目から挑戦しなければなりません。
今回初でしたので五合目でした。

山頂コースが大変過酷なのは富士山に登ったことがない人でも多少は想像できると思います。
それなりに鍛錬を積んでいるランナー達が挑戦しても、完走率が50%です。

かたや五合目コースはというと、完走率は90%超えてるようです。

ただ、あくまで"完走"というだけであって、来年山頂コースに挑む資格としては一定の制限時間内にゴールしなければなりません。

富士山の形からわかるように、息が上がりっぱなしになりながら、ひたすら登り続けます。

この大会、今年で67回目ということでそこらのマラソン大会よりはるか昔からやってるんですね…。

スタートの市役所前には歴代優勝者の名が刻まれた碑があります。

山頂コース優勝者には"内閣総理大臣賞"
五合目コース優勝者には"文部科学大臣賞"
が贈られるそうで、国も認める(!?)山岳レースです。

説明が長くなりましたが、本題へ…

自分はちょっとした理由により、スタートブロックでの整列がかなり後ろの方になってしまいました。

普段のマラソン大会なら焦る所ですが、今回はまた違う感じだし、

「ま、いっか…」と後方からゆっくりスタートしました。

いつもはレース中ともなると周囲に目を向けてる余裕などないくらいですが、今回はペースがゆっくりな分、周りを気にする余裕がありいろんなランナーに目がいきました。

先にこのレースを走ってみて感想をズバリ言うと…

【富士登山競走、ナメすぎな人多い(笑)】

スタートして2kmほどして…

早くも歩き出す人がいます!
(この人ゴールできたのだろうか?)

さらに走ってどんどん追い抜き…

いや…自分はペースを上げたわけでなく、周りがどんどん落ちてくるのですけどね。

その落ちてくる人達の大半に共通することは…

おもいっきり"猫背"で真下を向いてます。

その他にも、一見軽快に走ってるように見える女性ランナーがいました。

しばらくは自分と同じくらいなペースで、抜きつ抜かれつ…。
あ、でも私はあくまで一定ペースでずっと走っているのですけどね。

結局彼女も脱落していきました。
一つ理由としては、ピョンピョン跳ねすぎですね。
坂道でもああ走るということは、余程のクセなのでしょう。

その後も、立ち止まる人、歩く人多数…。
五合目といえどまだ先は長いし、これから急な勾配になるのに。

皆普段のマラソンの走力がどれほどかは知るよしもありませんが、レースの名前からしてもキツイのは想像つくし、初心者がいきなり出ようとは思わないはずです。

なので普段のロードでは、彼ら彼女らはそれなりには走れるのだと思います。

ただ、平坦な道走るのは楽だし、体力あるなら良い姿勢を"一時的に作る"こともできるでしょう。

何が言いたいかというと…
この坂道レースによって序盤から本来のクセが顕著に出ているのです。

きっと、フルマラソンを走った時の30km過ぎがこんな姿なのだろうなと思いました。

マラソンに限らず、フォームを変えるのって大変な努力が必要です。
猫背や反り腰など姿勢の改善も同じく。

だからこそ、日々の練習から意識をして自分を客観視できることが大切。

速く走る=走り込む

だけではないのです。

私は時に、ジムでレッスン(パーソナルトレーニング)するクライアントさんには、特に姿勢と筋バランスを整える内容をやっています。

筋トレ、大切です。

来年は山頂コースに挑みます!
(エントリーできれば)
早くもクライアントさんも一部巻き込みつつあります(笑)

その時まだCyta.でコーチをしていたら、また来年ご報告します(笑)

富士登山競走にみるランナーの姿

(2014年7月31日(木) 19:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

ブログ記事 ページ先頭へ