サイタスポーツ教室ランニング教室東京 KAZランニングプロジェクト スクールブログ トレイルランニ...

トレイルランニングレース。

一昨日スリーピークスと言う2500mの山々を走るレースに参加して来ました。5時間31分だったかな?順位にして61位です。去年の同タイムだと26位に入れちゃう。今年は自分の力不足もありますがレベルがほんと高い!コース設定も抜群!えぐいw。しかも、大会が楽しい。招待選手もハンパない人ばかり。もちろん松本大さんの二連覇。目標に届かなかったのは正直今回のレースが今までで一番悔しいかも。トレーニング頑張って8月の3000m級おんたけスカイ&湘南国際マラソンではは負けられない様トレーニングも強度を上げて行きます。

最後のこのショットは所属しているトレランチームトレイル鳥羽のショット。


この時期はトレイルランニングのレースを月1で入れています。

次回は7月の飯能戦。

勝つためにはロードのトレーニングは欠かせません。

頑張ります!!!

トレイルランニングレース。

(2014年6月10日(火) 7:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生理学など、科学にも精通したパーソナルトレーナー!多角的な指導で安心

新着記事

ランニングの終盤の弱さが出てしまいました。 先日、勝田全国マラソンに参加して来ました。結果から言いますと "3:03,48" でした。     タイムリスト 計測ポイントスプリットラップ Start     5K 00:21:430     10K 00:42:540  ...

今更ですが丁度一ヶ月前に湘南国際マラソンへ参加して来ました! 結果から。3時間8分で35km 付近から完全に失速し、完敗でした。 次回は別府大分か、勝田に向けてトレーニング再開しております! 悔しい。 ではでは。。

先日ターゲットレースの湘南国際前に葛西臨海公園で行われた10kmマラソンに参加して来ました! 10kmと言ったら心拍数がバンバン上がるレース。 レペティション(全力)のトレーニングの位置付けで走って来ました! 結果は39‘08と、練習とは言え不甲斐ない結果でしたが、本番まであ...

マラソンVer.のBack to Back(バックトゥバック)理論。 通常Back to Back理論はウルトラ等の超長距離で2日に分けて遅発性の筋疲労が来る前に行うトレーニング方法。 マラソン位の距離のBack to Back理論は一日で二部に分けて行う。 条件は一部、二...

ここ最近活性酸素や酵素作用についてランニングとの関係性を図書館で勉強していました。 ランニングや筋トレが体に悪いだの色々書かれてる雑誌を良く目にします。 確かに活性酸素、筋破壊、問題等々ありますが、ランニングだって酸素を必要とする好気的呼吸ではなんら問題はないと今のところ学術的論文...

ブログ記事 ページ先頭へ